2013. 06. 03  
「どんな組織を目指したいのか?」

この問いには、私の中で明確な方向性があります。

それは「衆知を集めて一人で決める」組織。

これはスコラの柴田さんの本「なぜ会社は変われないのか」に
書かれている言葉です。

「衆知」とは、多くの人々の知恵のことで、
合議ではなくみんなで議論したうえで、責任をもってフォローする者が
最終的に一人で決めることである。
これは役職で決めるのではなく「直接の当事者」が決める。
「自分の責任で判断して失敗する」という最高の教育にもなります。

もちろん、さまざまなリスクがありますが、
合議による「責任の分散」が起こす弊害の方がリスクだと思います。

何より仕事が楽しくなくなっちゃいますから。

柴田さんの本を読み返しながら、
あらためて考えをまとめてみました。
NEXT Entry
第40.4期東京PEC会トレーナー養成講座
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
衆知を集めて一人で決める   合議   責任の分散  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム