2011. 05. 11  
DSC01012.jpg

日経トップリーダーの2011年4月号で、こんなタイトルの記事を見つけました。

『「知恵を出し合う会議」は幻想』
私の考えとは、真逆とも思える記事。

こんな時は、真っ向反対するのではなく、
受け入れながら冷静に読み解いていこうと思います。

まず、私は「会議」と「対話(ミーティング)」は使い分けているので、
そういう意味では、少し違う?
『「知恵を出し合う対話」は幻想』
だったら、受け入れることは厳しかった。
内容を読み解くと・・・・

会議は「物事を話し合う場」ではなくて、「物事を決める場」であること。
会議の最大の目的は、仕事の結果を報告することではなく、
明日以降の仕事の成果を最大化すること。

「会議」という認識であれば、この意見には賛成です。

ただ、「対話」となれば、みんなで腹に落ちるまで知恵を出して、
方向性を共有し、協力体制を構築して行動に移していく。
私はこういう認識です。

しかし、記事には続けて、
 『 大勢で集まって知恵を出し合えば、おのずといいものが出来上がると
  考える人がいますが、それは幻想です。
   現実は、「自分では何も浮かばないから、みんなで一緒に考えようよ」
  という担当者の責任逃れが起きるだけ。まずいいアイデアは生まれないし、
  たとえ生まれたとしても極めて非効率な方法と言えます。         』

やっちゃいました。
私の考えとは、180度方向性が違います。

「対話」には時間がかかり、非効率で生産性が悪いという課題は、
私も認識しています。
それにしても、「知恵出しのための対話がムダ」ということには疑問が残ります。

そういう考えのトップが「いい会社」を作ってるという事実は、
受け入れなければならないのですが・・・

この記事の締めくくりに、会議を「物事を決める場」に変えるために・・・・
と、3つのことが書いてあります。

 ①社員に権限を委譲して、責任を持ってもらうこと
  ⇒「衆知を集めて一人で決める」=私と同じ考え
 ②課題全てにデッドラインを設ける
  ⇒スピード重視という意味で私の考えに近い
 ③日頃から、会社全体で情報を共有すること
  ⇒私と同じ考え

この3つの考え方は、ほとんどが私の意見と重なります。

この記事を最後まで読み解いた結果、
1つを除く多くのことが、私の考えと重なるのではないか
ということになりました。

都合良く判断し過ぎ?
理想が高く、視野の狭いダメ後継者と言われてしまうのかな。

それでも、自分たちにとって最適な方法は、
自分たちで見つけ出していくしかないと思います。

後継者として、変えてはいけないものをしっかりと認識し、
絶えず自己否定して、変革し成長し続けること。

最後は自分を信じるしかない。
自分を信じて、ブレない経営者になるぞ!!
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
少しの工夫と少しの成長が大きな幸せ
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
ユニケミー   考え   言葉     
Comment
何事も否定せず、受け入れてみる。
難しいことですが、私も実践して行きたいことです。
きっと理想の経営者像が、おありだと思いますが、
このブログを拝見する限り、ji-hamaさんは、志が高く、誠実、謙虚な方だと思います。
そんな方が会社を愛し、社員の方々を愛していらっしゃるので、既にご立派な後継者だと思います。
私自身、このブログからパワーを頂いております。ありがとうございます。
応援してます。


Re: タイトルなし
通りすがりのKYさん

ありがとうございます。
私のブログがお役に立っているのであれば、恐縮ながら光栄です。
私も通りすがりのKYさんから、パワーを頂いております。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム