2012. 08. 15  
419985_447211785323910_2007253540_n.jpg

ハタモクin名古屋は来月で1周年。
そんな節目を迎える時期に開催された
「ハタモク in 名古屋の未来について考える会」に参加しました。

愛知県津島市にあるorange flpwerさんの和室をお借りして、
ハタモクin名古屋の企画メンバーと有志が集合。

この会にお誘い頂けただけでも、私にとっては凄く嬉しいことです。

残念ながら、最後は私のタイムリミットで途中退場となりましたが、
メンバーにとっても私にとっても有意義な時間でした。

個人的には「ハタモクに対する私の考え」を整理・整頓。

参加者として、ハタモクの信念・ミッションと、
現実とのギャップにモヤモヤしていましたからね。

今回参加して、随分スッキリ。
立ち向かう壁が何なのか、課題が明確になりました。
次は、その壁に対して自分に何ができるのか。どのように実行するかです。


少人数、長時間なので、長めのチェックインからスタート。
(なぜか、もっちがカメラ目線)
2012081501.jpg


そして、頭をフル回転させて考えに考えました。
2012081505.jpg


ハタモクには、信念とミッションがあり、これが「目指す姿」です。
それに対して、ハタモクの強みや価値など組織で言えば風土みたいなものと、
モヤモヤとしながらも今顕在化している問題や課題、新しい取り組みの案などの
「現在の位置」に類すること。

この「目指す姿」と「現在の位置」との間には、大きなギャップがあるのだけれども、
目指す姿に近づけるための「近未来の方向性」みたいなものについて、
メンバー全員が全く白紙であることが分かってきました。
2012081506.jpg


ただこの1年間は、ハタモクの信念に共感した企画メンバーと参加者が、
次に向かうための風土を醸成してきた期間と考えれば、少し考え方が柔軟になる。

そんなことも気づかせてくれる場でした。

この“白紙”の部分、どう埋めたらいいのかは分からないけれども、
今あるみんなの知恵を精一杯使って考え抜きました。
2012081507.jpg


さあ、それを実行する上で私に何が出来るのか?

「ハタモク」における私も、「ユニケミー」における私も、「実行のとき」ですね。

メンバーの皆さま、ありがとうございました。
今は、お互いの10年後の姿にワクワクしながら、ハタモクを楽しんでいます。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
共働きと子育ての話 その4
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
ハタモクin名古屋  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム