2012. 07. 30  
妻が2人目を出産するのため、2年間の産休・育休に入りました。
1年10ヶ月間の共働きと子育ての両立生活が一旦終了です。

「共働きで子育て生活」をテーマに私の体験や考えを何回かに分けて、
このブログで発信しようと思います。

ただし、「男性」「ユニケミー」「経営者」、
そして「私」という目線に偏っていることをご容赦ください。

また、何より苦労したのは妻であることを前提において下さいね。

今回は、「父である私が娘を保育園へ送ること」についてです。


ほぼ毎日夜が遅く、何かと出張や外出(公私問わず)が多い私。
毎朝、保育園へ送るという娘とのふれあい、向き合う時間は、
案外大切だったように思います。

これが無いと、朝の忙しい時間なのでバタバタと支度して玄関を出る。
娘と短い時間でも会話ができていたかは疑問です。
朝、時間に余裕を持っている方は、そんなことはないと思います。
これは、朝が弱い私の場合です。


さて、私が苦労したことが2つあります。

一つは、時間の管理。

娘は1歳~2歳児なので、
「時間が無い!」なんてことは理解してもらえません。
ぐずったり、転んで泣いたり、突然車でおう吐したり・・・

また、「『急げ』とか『早く』とか言わないで。」
と、妻からアドバイスを受けていたので、
始業時間までに出勤するという当たり前を守ることが綱渡り状態。

フレックスタイム制の有難さが分かりました。
(ユニケミーには現在、フレックスタイム制はありません)


もう一つは、駅までの車通勤です。

朝、娘を自宅から2kmほどの保育園に車で送り、
そのまま駅周辺の月極め駐車場へ。
そして夜、駅から車で帰宅。

こんな生活だったので、車は必須アイテムでした。
これで困ったのは、お酒の席です。

車の運転があるので、平日は全くお酒が飲めません。
ただし、翌日が休日の金曜日だけはお酒が飲めます。

あまりお酒が得意ではないので、私自身はそれほどストレスになりませんが、
お付き合いで乾杯すらウーロン茶というのは、甚だ恐縮しました。
「未成年だからね(笑)」と上手いこと言われたこともあります。

仮にお酒を飲むと、翌朝約40分かけて車を取りに行って保育園に送るか、
当日の朝、保育園に送ってすぐ自宅に戻り30分歩いて駅まで行くか、
という選択肢となります。

私はこれを選択するぐらいならと思って、“ノンアルコール”を選んでいました。


番外編ですが、保育園は朝の開園時間も決まっているので、
定時より1時間早く出勤しようと思うと、保育園へ送ることは不可能。
その時は、妻が送ってくれていました。

朝が早い時間帯の方に、保育園の開園時間の融通が利かないことも、
課題の一つでした。
このあたり、既に対応している保育園も多いかもしれませんね。


毎朝、父が娘を保育園に送る。
課題はあるものの悪くはないと考えています。

会社が対応できるのは、出勤時間の融通性かな。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
近未来ミーティング
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
共働き   子育て   父が保育園へ送る  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム