2012. 07. 01  
DSC05368.jpg

京都・嵐山の2日目は、最近電車にハマっている娘のために、
嵯峨野トロッコ列車に乗車しました。

保津川渓谷に沿って嵯峨野と亀岡の間7.3kmを約25分で結びます。

今日は生憎の空模様だったこともあり、
娘に電車を満喫してもらおうと往復乗車券を購入。
倍増して約50分間の長旅です。

先週は静岡の大井川鐡道でSLに乗車。列車づくしの2週間です。


私は2回目となる嵯峨野トロッコ列車です。
DSC05331.jpg


雨の中の保津川渓谷も悪くないかも。
DSC05362.jpg


復路は、ザ・リッチ号に乗車。
DSC05351.jpg

当日券のみの発売ですが、雨の日は濡れるので無料で座れます。

私がトロッコ列車でプチ感動したのはホスピタリティ。
車内アナウンスはユーモアたっぷりで、空席への移動など柔軟さもバッチリです。
中国人の観光客が多く、車掌さんから中国語の曲を歌う大サービス。
変化に対応しています。

途中のトロッコ保津峡駅で乱入してくる「鬼?」
DSC05348.jpg


怖そうに見えますがとってもユーモラス。
見かけによらずマイクパフォーマンスはとっても謙虚で丁寧です。

写真を撮ってあげると言って、自分の写真を撮っちゃってます。
DSC05350.jpg


子供対策として、アンパンマンのサービスも。
DSC05352.jpg


愉快なトロッコ列車の旅は、女性も大満足でした。
DSC05367.jpg


嵯峨野駅を降りると、気になるものが・・・
「嵯峨野観光鉄道 鉄道ミュージアム『ジオラマ 京都 JAPAN』」

妻にお願いして1人分の入場料500円をもらい、
私と娘だけ潜入することに成功しました。(笑)

縦12.3m×横17.3m、日本最大級の鉄道ジオラマ。
DSC05383.jpg

DSC05379.jpg


実際の電気機関車の運転台を使っての運転もできます。
DSC05381.jpg


今日は嵐山だけの観光なので、初めての京都となる娘のためにジオラマ京都の旅。
かなり精巧な“子供だまし”です。

五重塔で有名な「東寺」
DSC05385.jpg


「金閣寺」と「銀閣寺」
DSC05389.jpg

DSC05393.jpg


「清水寺」
DSC05398.jpg


「桂離宮」
DSC05391.jpg


石庭で有名な「竜安寺」
DSC05392.jpg

DSC05396.jpg


「京都御所」まで。
DSC05390.jpg


専ら娘は京都観光よりも、新幹線の方が興味があったみたい。。。

結果的には、私も娘もしっかり楽しめました。

昼食は、私のたっての希望で関西風お好み焼き。
京都・嵐山にある「なるせ」です。
DSC05415.jpg

前回、妻と2人で嵐山を訪れた時、偶然入ったお店で、
はっきりと記憶に残るぐらいおいしかったのです。

もう一度その味を確かめたくて、わがまま言わせてもらいました。
DSC05416.jpg

DSC05417.jpg

観光客だけではなくて地元の方が訪れるお店で、
今では嵐山でたった1軒となったお好み焼き屋さんです。

分厚いのに、とても柔らかい生地。
一度食べたらすぐに恋しくなる味です。

嵐山を訪れた際は、是非一度ご賞味を。

こうして母のバースデー旅行は、家族みんなが大満足で終わりました。
この旅行を企画してくれた妻に感謝です。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
2年越しの夢が叶いました
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
京都・嵐山   嵯峨野トロッコ列車   関西風お好み焼き   ジオラマ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム