2012. 05. 28  
DSC05140.jpg

2歳半の娘は、現在アルファベットのパズルがマイブームです。

少し前までは、全く合わせることができませんでした。
しかし、今は何の迷いもなく、あっという間に完成させてしまいます。

娘の成長スピードには驚かされますが、
なぜパズルを完成させることができるのか、私も妻も分からないのです。


パズルスタート!
DSC05135.jpg

DSC05137.jpg

DSC05138.jpg

DSC05139.jpg

DSC05140.jpg

完成~!

少し難易度が高い別のパズルも、大部分を一人でできるようになってきています。
DSC05124.jpg

DSC05127.jpg

DSC05129.jpg

DSC05130.jpg

DSC05134.jpg


大人の私は、アルファベットの文字を見てパズルを合わせていきます。

しかし、娘を見ていて、
アルファベットの文字で合わせていないことは容易に分かります。

では、なぜ、大人顔負けのスピードでパズルを完成させることができるのか?

私の仮説は2つ。

1つは、それぞれのピースの形状を見比べて合わせている。
もう1つは、頭の中で完成画像を覚えていて、それに基づいて合わせている。

「右脳と左脳」という議論なのでしょうか?

特別に娘が秀でた能力を持っているとも思えないのですが。。。

なぜ???

娘に直接「なぜできるの?」と問いかけてみますが、
まだ言語能力がそこまで発達していないので、まともな答えは返ってきません。

当たり前ですが、まだ2歳半なので知識や経験不足。
さまざまな場面で大人に勝ることはできません。
しかし、ある一部分では、大人を負かせることができる。

ユニケミーの人財育成においても、こういうことって結構あるんじゃないかな。
未熟な部分が多くても、一部の能力は卓越している。
そうした時に、経験者や有識者が、新しい斬新な意見や行動を取り入れられるか?

人を思い込みで見ないということ。
「誰が言ったかではなく、何を言ったか?」

娘が成長する姿を見ながら、人財育成について考えることが本当に多い私です。

それにしても、なぜ娘はパズルを完成させることができるんだろう???
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
土壌祭り
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
アルファベット   パズル   人財育成  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム