2012. 03. 07  
DSC04205.jpg

ハタモク in 名古屋に参加しました。
気が付けばもう4回目の参加で、すっかり常連になっています。

常連同士の対話でも、毎回必ず新しい気づきがあるんです。
だからハタモクは楽しい。ワクワク・ドキドキですね。

今回のテーマは、
「趣味と仕事は違うか? 同じにしたいか?」
「仕事の報酬は何か?」
「何のために働くのか?」

「趣味と仕事」「仕事の報酬」については、
今まで考え続けてきたことを、そのまま素直に表現できたと思います。
自分の考えをまとめる“総集編”になったかな。

「ハタモク」に関しては、まだまだモヤモヤとしています。

「いい会社を作りたい」「社員がいきいき働く会社を目指したい」
ここに留まっていて、その先がモヤモヤです。

ハタモクって本当に難しい。
だって、一人ひとり違っていて正解が無いんだから。
DSC04206.jpg

さて、学生さんの話を聞いていて、妙に共感したことがあるんです。

希望する会社に入社できるか分からないし、
希望した会社に入社できても、本当に自分とマッチしているかも分からない。
だから、縁あって入社が決まった会社で、やりがいを見つけて成長していきたい。

就社や大企業・公務員への就職という流れを助長してしまうかもしれませんが、
これも一つの正解かもしれません。

気になるのは、ハタモクにおいてこういう考え方を“NG”として、
聖域化・タブー化させてしまうこと。

私を含めて“就社”という考え方に違和感を持っている人が
ハタモクに集まってくることが多いので、
こういう風になっていくのは自然なことなんですが。。。

そんな気づきから、
「就社、大企業・公務員志向だっていいじゃないか!!!」
という肯定からハタモクの対話をスタートしたら、
違った何かが見えてくるかも???

ところで、ユニケミーは技術者集団の会社です。
職人的な“技”も大切な技術の一つ。

こんな技術系の方々や技術者を目指す学生さんという枠でのハタモクは、
これまでとは違った景色が見えてくると思います。

技術者としての誇り、そして参加メンバーとの共感と違和感。
こんなことを異業種の技術者と互いに聞き合い対話したら・・・・。

私もエンジニアだったので、
こんな場を想像するだけでワクワク・ドキドキします。

枠を決めてしまうようですが、
この方が技術屋さんは共感しやすいと思います。

人集めには苦労しそうですが、
與良さん、生さん、どうですか~?
これなら、私もエンジニア代表として企画当事者で頑張ろう。

「日本中のエンジニアの誇りと自信を取り戻し、さらに磨きを掛ける。
 そして、Made in Japanの製品を世界中に届けよう。」

おおっ!!

これが、私のハタモクの原型になったりして!?

<番外編>
学生さんから教わった極秘情報。
名古屋大須にあるエリックライフカフェが凄いらしい。。。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
ユニケミー戦士の闘魂×投魂
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
ハタモク   就社   大企業・公務員志向  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム