2012. 02. 11  
DSC03985.jpg

学生と社会人が働く目的について考えるハタモクに参加しました。
4ヶ月ぶりの参加です。

今回は、名古屋で2回目に開催された時と同様に、
スタッフメンバーのご実家でハタモク。
約4時間のロングバージョンです。

働く目的について気楽にまじめな話をする場。
みんなで持ち寄ったお菓子が超大量にある・・・。
食べ過ぎ? ヤバイヤバイ。
名古屋で第5回目となった今日のハタモク。
第2回目の時の集合写真がこれです。
DSC02567.jpg

参加人数も増えて、ハタモクの広がりを感じます。
一人ひとりの「思い」から共感の輪が広がって、
みんなの「想い」になってきていますね。

さて最初は、自分自身の人生について振り返る「人生グラフ」を作成。
DSC03978.jpg

前回私が参加した人生グラフ。
DSC02561.jpg

何を書いたかすっかり忘れていましたが、まあまあ似てるかな。
前回との違いは、「企業風土改革」と「いい会社づくり」に出会って、
人生で今が一番充実しているってことですね。

苦しいことばかりなのに、充実しているんです。
自分の「ハタモク」が少しずつ明確になっているからかな。

ペアになって人生グラフを説明した後は、
全体で輪になって、それぞれペアの他己紹介。
DSC03976.jpg

出会ったばかりの人に自分の人生を語られるなんて、かなり気恥ずかしい。
DSC03980.jpg

DSC03982.jpg

でも参加メンバーの距離感はどんどん縮まっていくんです。

両親の早世や離婚、登校拒否、拒食症・・・
こんな苦しみを乗り越えてきた学生さんや社会人の方もいました。

人は、失敗や苦しみの数だけ心を強くして器を大きくすると言いますね。
だからこういう険しく悲しい壁を乗り越えてきた方々は、
年齢に関係なくとっても尊敬できます。

またパワーをもらうことができるんです。
「自分が悩んでいることは、こういう方々からみたらちっぽけこと。
 元気を出して、まず前向きにやってみよう!」
こんな気分になるんです。

そして、いよいよグループに分かれて「ハタモク」について聞き合います。
DSC03983.jpg


私の今日最大の気づきは「お金」について。

私がハタモクで一番こだわっていることは「リアリティ」

「お金や生活のために働くということを『ハタモク』にしたくない。」
こんなメンバーの想いには、私も大共感しているのですが、
「お金」のことを語らないという「タブー」を作りたくはない。

じゃあ、「お金」は1円もいらないの?

「お金」について、自分の考えを深めることができました。
お金は目的ではなく手段なんだけど、とっても大切な物でもあるということ。

今回のハタモクでは、必然と思えるようなご縁もたくさんありました。

スコラさんで世話人研究会に参加されているT社の社員さん。
つまり、名古屋の企業風土改革仲間と繋がったということです。
目指せ社員交流。やっちゃいましょう。

また、千年経営研究会でお世話になっているM社さんの参謀さん。
そして、岐阜大学の先輩。

ゆっくり話すことはできなかったけれども、
これを機会にどんどんご縁を深めていけたらいいですね。

ハタモク終了後は、恒例の「泡オフ」
DSC03988.jpg

ハタモクはオフサイトミーティング形式で、
オフサイト後の飲み会を「泡オフ」と言っています。

ここでもお酒を飲みながら「ハタモク」について互いに意見を聞き合います。

あっという間に時間が過ぎて、どれだけ話しても話し足りない「ハタモク」
次の野望は、「ハタモク合宿」と「ハタモク名古屋メンバーの東京襲撃」

ハタモク代表のよらっちが満を持して、そろそろ名古屋に登場かな。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
姪っ子誕生と男の手料理
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
ハタモク   オフサイトミーティング   旧家  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム