2011. 03. 17  
DSC00388.jpg

今日は、第3回ユニケミーオフサイトミーティング。

年度末で業務負荷が高い時期であり、多くが遅れて参加でしたが、
6人も参加してくれました。
(技術のOさんが参加する前の写真です。Oさん、すいません)

新メンバーが2人参加。技術のMさんと営業のKさん。
参加の理由は「興味があって、どんなものか体験してみたかった」
どんな理由でもいいです。参加してみるという行動して頂いたことに感謝。

自己紹介も終盤戦。
今回は第1回から参加している技術のEさんと、新メンバーMさんでした。
Eさんは現在、AKB○8の篠○麻里子が好きな40歳。
まだまだ若いですね~。
小さな頃から後先考えず行動してしまう性格で、
これは今でも変わっていないとか。

高校を卒業するまでは、自分勝手な人間だったと振り返る。
勉強嫌いだったので大学には行かなかった。
自衛隊という仕事を知り、とりあえず3年間は続けてみようと
高校卒業後、航空自衛隊に入隊した。
この時、進路を自ら決断したことに、先生から褒められる。

入隊後、訓練の厳しさに180度価値観が変わる。
団体・組織行動であり連帯責任でもある自衛隊。
さらに上長の勧めでラグビーをやらされることに。
それまで、ボクシングや空手など個人競技のスポーツが中心だったEさん。
しかし、2年半ラグビーを続け、自己成長や団体競技の良さを知る。
このような自衛隊の経験を通して「これから何の苦しみでも耐えられる」と
思ったそうです。

3年後、当初の予定通り自衛隊を辞め、パチンコ台販売とクギ調整の仕事へ転職。
仕事は楽しかったが、他の人間関係が悪く、職場の空気が重かった。
さらに、仕事が毎晩夜遅く、居眠り運転で事故を起こしそうになる。
この時、転職を決断したそうです。

目を閉じて転職雑誌をランダムに開き、指差してから目を開けて、その会社をチェック。
何度か繰り返して、ユニケミーに当たったそうです。
高校で食品化学科だったので、理化学分析と近いような気がして、
試験を受け内定→入社へ。

PH、SS(1週間)→金属・成分(半年)→BOD(半年)と経験し、
材料チームで長~く仕事していました。
業務に必要な資格取得については、
「意外にもしっかり勉強すれば合格できるもんだ」と
勉強嫌いなEさんも自信を持ったそうです。

その後、数年前からサンプリングチームへ異動し、
現在は主に作業環境と宇宙の水関連を担当。

宇宙の水は、今までEさんのユニケミーにおける業務で一番大きな仕事。
最初、プロジェクトに抜擢された時は「何でオレ?」という被害妄想。
でも自衛隊根性で、立派に成功させてくれました。
このような達成感のある仕事を、いろいろな人に経験してほしいと語ります。

お客様から「ありがとう」と言われることが一番うれしいEさんは、
奥さんに「いつもありがとう」と感謝しているそうです。
仕事にはこだわりが無く、柔軟に何でも受け入れられる仏さまのようなEさんですが
大好きな野球は頑固でこだわりが強いそうです。
だから、ここではあまり話してもらえませんでした。
また今度、聞かせてもらいましょう。

こんなEさんにとってユニケミーとは、
「出会いが多く、別れも多い会社」
だから、少しでも離職率を低くして
「出会いが多く、別れが少ない会社」にしたい。

私も離職率が低い会社を目指しています。
そして、社員が自分の子供もユニケミーで働いてもらいたいと思えるような
「いい会社」にしたいと思います。

Eさん、別れが少ない会社を一緒に作っていきましょうね。


次の自己紹介は技術のMさん。
AKB○8の小嶋○菜が好き。
今日はAKB祭りです。

暗くはないが、必要以上話さない内気な性格と自己分析する。
3人兄弟の一番上であるMさん。
弟が生まれた時、我慢して大人しくしていると両親から褒められたので
このような性格になったのではないかと考えている。

小学生の時、工作や家庭科が好きで将来は料理人になると決意。
当時流行った料理の鉄人に憧れたそうです。
中学校では厳しいサッカー部で鍛えられ、バス釣りが趣味に。
中学校を卒業して料理人になるつもりだったが、
「両親がとりあえず高校だけは・・・」と説得され高校進学。
さらに高校卒業の時も両親の勧めで大学へ。
視野を広げて栄養士になるのもいいじゃないかと、食品栄養学科を志望したが
センター試験が振るわず、急遽食品学科へ転向。あれ?「栄養」が抜けちゃった。

大学は高校から始めていたバドミントン部に入部。
厳しい練習だったが、仲間に支えられて乗り越えられた。
部活では、友人としても良い人間関係を築けて、楽しい大学生活だったとか。

さてここで、心変りがあったそうです。
大学生活は一人暮らし。料理好きのMさんでしたが、半年ぐらいで自炊を止めてしまい
自分が実は料理に興味が無いことを発見。
だから就職は食品分野と、勉強を通じて大好きとなった化学分析の分野が重なる
食品分析の会社に決めたそうです。

担当業務は、食品中の金属成分分析で3K仕事だったそうです。
そんな中、入社2年目の秋に病気となり3ヶ月弱入院。
職場復帰する時、自分に居場所があるか心配だった。
でも、周囲の人は暖かく迎えてくれ、良い人間関係であったことを知る。

その後、望んでいなかったが班長に任命される。
毎日が忙しく周りが見えていなかった。
仲間に支えられたが、夜も遅く、みんなが疲れていた。

まず入社して3年がんばろうと考えていたMさん。
元々、静岡か愛知で就職したかったが、入社した会社は全国に事業所があり
配属も関東だった。
仕事の過酷さに体調が心配になり、転勤族にはなりたくなかったので、
入社3年でこの食品分析会社を辞めたそうです。

求職中にユニケミーを知り、分析つながりで試験を受けることに。
人事担当のSさんは本当に対応が良く、いい会社という印象を持ったそうですが、
面接したH専務が冷たく感じて、合否はどうでも良くなってしまった。
筆記試験もできず落ちたと思っていたら、まさかの内定。
迷ったが基本給の条件が良かったので、入社を決めたそうです。

入社後の感想は?
・中途なのに運良くKさんという同期がいたことが本当にうれしい。
・H専務は自分が嫌われて冷たくされたのではなく、
 そういう性格だと分かりちょっと安心。
など。

最初配属されたDXNは、奥がとっても深く、MLAP維持にも誇りを持っていたが
閉ざされた試験室で、ちょっと暗く病んできてもおかしくなかった。
そう考えていると、サンプリング業務への担当変更の話があり、
体力的に厳しいと聞いていたが変更を快諾したそうです。

サンプリングの仕事はやっぱり体力的に厳しいけれど、
だんだん面白味が分かってきて、何よりいろいろな客先を訪問できることが
楽しいそうです。
また、仕事を任されることで、さらに仕事が面白くなった。
ユニケミーで初めて大部分を任された連続測定の仕事では、
途中失敗があったにも関わらず、
お客様から「次もまたよろしくね」と言われたことが
本当に嬉しかったそうです。

こんな内気なMさんは、「野心は無く縁の下の力持ちになりたい」と言います。
Mさん、縁の下の力持ちも立派な主役ですよ。
技術者として、しっかりユニケミーの本業を縁の下で支えてくださいね。

さて付け加えておくと、Mさんは
「私は内気で口下手なので自己紹介は10分もできないかも・・・」と言っていましたが
なんと1時間10分超え。今までの最長記録です。


オフサイト参加者の皆様。ブログ更新が遅れてすいません。
次回は3月31日(木) 18:00~です。

皆様のご参加をお待ちしております。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
災害時は分析業界も一致団結
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
ユニケミー   仲間   ユニケミーファン   U-ZIN   コアネットワーク  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム