2011. 11. 24  
DSC03221.jpg

ユニケミーが導入している「Lab-Aid」という試験・検査システムの
ユーザー会に参加しました。

毎年この時期に、神奈川県の湘南国際村センターで2日間にわたり開催されます。
メーカーである横河ソリューションズの主催で、
同じシステムを導入しているユーザーが全国から一堂に会します。

私がユニケミーに入社した5年前には、既に導入されていました。
入社後間もなく、このシステムの担当者に自ら立候補。
「システムをもっと活用して、改善・進化させたら、必ず道は拓ける」
そんな思いから、推進していくことを決意しました。

ところが、部分的な改善や進歩はしたものの・・・・。

システムがうまく機能しない真の原因は、ITシステムではなくて、
企業風土・体質にあることに気付く機会の1つでした。
ユーザー会は、ソリューション紹介やユーザーの事例発表がメインですが、
冒頭の写真のように分科会として1時間半ほど、
メーカーとユーザーがディスカッションする場も設けられています。

毎年、ユーザー数が増加傾向にあるので、
各セッションに分かれてもかなりの人数になります。

私の参加した分科会では、ほとんど初対面に近いユーザー同士が、
これだけ多く集まると、ディスカッションにはなりませんでした。

ユーザーからメーカーへ、ただの質問会。
数年前はもっと活発だったので、ちょっと残念。

夜は懇親会。
DSC03225.jpg

ユーザーとユーザー、メーカーとユーザーが情報交換します。

私はこういう場が大好き。
ユーザーの生の声を、システムエンジニアがface to faceで聞く場を
作っている訳ですからね。
そして、着実にユーザーの声をシステムに反映して進化しています。
サポート体制も充実していて、常に顧客視点で一緒に考えてくれます。
ユニケミーも見習うことが多いです。

ただ、中小企業が多い検査・分析業界において、このシステムの課題はコスト。
このシステムの初期投資もランニングコストも、中小企業にとってはかなり高額。
導入や維持・改善にかかる工数も考えなくてはなりません。
そのためか、ユーザーは大企業が多いですね。

そもそも、ユニケミーにおいては、導入プロセスをしっかりと踏まず、
現場が腹に落ちないまま運用しているシステムです。

これは、コスト以前の問題。

だから、まずこれからやらなければならないのは、現場との「対話」です。
経営の軸を決めて、必要であればそれに基づいた仕様のシステムを導入する。

ゼロベースで前提条件から見直し、思い込みを外していかなければなりません。
その先に、道が拓けて明るい未来が待っているのだと考えています。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
ユーザーの声
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
横河ソリューションズ   Lab-Aid   ユーザー会  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム