2011. 11. 08  
DSC03039.jpg

今日は私が事務局を担当している
愛知県特定計量証明事業協会の施設見学会でした。

これは、毎年開催される恒例行事です。

見学先は長野県飯田市にある「メガソーラーいいだ」と
伊那市にある「伊那食品工業」

さまざまな方にご協力頂いて、当日を迎えることができました。
飯田駅までは、名古屋駅から高速バスを利用。
料金は2,350円で所要時間は約2時間。
意外にも近くて、比較的安いです。

飯田駅からは貸切バスを利用して移動していきます。

1つ目の見学先は、「メガソーラーいいだ」
「こんな所にあるの?」という山道を登っていきます。
山の高台に設置されているため、天竜川を流れる飯田市が一望できます。
DSC03035.jpg


環境モデル都市である飯田市と、
メガソーラー発電の導入を目指している中部電力が共同事業で進め
2011年1月に営業運転を開始したそうです。

発電所なんですが、とっても静か。
ソーラーパネルも整然と並んでいるので、
「シ~ン」という雰囲気です。

従来のパワフルな「発・電・所」というイメージとは全く異なります。
まさに「ECO」ですね~。

資源や騒音・排水などの環境問題にはとてもいいのですが、
一方では、高額な初期投資や発電効率、日照時間が課題です。
今後どうなっていくのかは、技術開発次第ですね。

飯田市のPR施設「おひさまの丘」が併設されていて、
ここから見学します。
DSC03056.jpg


無人施設でパネル展示や電光掲示版が並んでいます。
DSC03049.jpg

DSC03043.jpg

DSC03044.jpg

今日の発電電力は約400kWでしたが、
最大1kW=1MW[メガワット]の発電電力なのでメガソーラーと言います。

小さな太陽光パネルを太陽に向け、
1分間の発電量に応じた個数のベルが鳴るという
ちょっとしたアトラクションも。
DSC03053.jpg

DSC03054.jpg


基本的には無人施設なのですが、
少し無理を言って、中部電力株式会社飯田営業所の小林様にご説明頂きました。
DSC03042.jpg


とても丁寧に分かり易くご説明頂き、参加者も真剣に聞き入っています。
DSC03036.jpg

DSC03041.jpg


小林様、ありがとうございました。

さて、次に移動する途中に、
ちょっとだけ南信州、飯田・下伊那地方で唯一の酒蔵である
喜久水酒造さんに立ち寄り、
DSC03058.jpg


いよいよ「日本でいちばん大切にしたい会社」という本でも紹介され
かんてんぱぱで有名な伊那食品工業へ訪問です。
日本でいちばん大切にしたい会社


施設見学できるのは、売店に併設された梱包工程だけということだったので、
ここは帰りに売店に立ち寄ったついで見学するという程度にさせてもらい、
応接室で紹介ビデオを見た後は、秘書広報室の役員の方にお話を伺いました。

『社是である「いい会社をつくりましょう」ということは、
  とても厳しいことなんだ。』
DSC03062.jpg

お電話で調整させて頂いていた時から、そんな風に感じていました。

・寒天は斜陽産業なので、寒天の用途を広げるため開発に力を注いできた。

・社員教育は「人づくり」
 (公私を問わず)立派な社会人になれ、そして人に迷惑をかけるな。
 そう教えている。
 性善説の会社なので、人づくりを重視する。
 この方が結果的に効率的である。

・ヒトづくりや技術力、信頼などの見えない資産を増やす努力を絶えず続けている。
 これは時間がかかりもろく、一瞬にして無くなってしまうものだが、
 永続するものであり、無限大である。

・社員は伊那食ファミリーとして、常に協力しあうことを求めている。
 社員はルールがある訳でもないが毎日始業30分前に、
 会社に来て全員で敷地を掃除する。
 空いている土日にも社員は掃除に来る。

・売店や飲食店も社員が交代で接客する。
 そこでの交流や、売ることの難しさを学んでいく。
 塚越会長のセクショナリズムを嫌い、協力し合うことを求めている結果。

・毎年社員旅行に行き、2年に1度は海外へ。
 常に社員には「目的」をはっきりと伝えるようにしているので、
 社員旅行にも3つの目的がある。
 それは、「親睦を深める・見聞を広げる・リフレッシュする」ため。

・経営者の仕事は「知らしめること」
 とにかく徹底して、何度も繰り返して伝える。
 そして隠すことはダメ。とにかく信頼関係を築かないといけない。
 経営者の財産を増やすために社員が働いている訳ではない。

・工夫、改善のほかに、「快適」という軸を作り、
 儲かったらそこに還元するようにしている。
 これは、非効率の効率で、対費用効果などの尺度ではない。

1時間半にもわたり、こんな話を伺いました。
文章では伝わり難いかもしれませんが、常にそこには「厳しさ」があるんです。

最近まで48年間増収増益を続けてきた会社です。
「軸がぶれない」ということは本当に大切。
ただ、その道のりには忍耐力と徹底する厳しさが必要なんですね。

見学会に参加した社長の方も、
「言っていることは正論。
 理想論だ!と思うけれども、儲かり続けているので、
 文句の言いようがない。
 悔しいけれど認めるしかないな。」

「社員のための会社」「いい会社」を掲げる伊那食品工業のベースには
「儲かり続けるためにはどう行動するか?」という問いかけがなされ、
 そのための行動が、常に全社員に求めれれているように感じました。

伊那食品工業の皆さま、ありがとうございました。
施設内は隅々まで清掃が行き届いていて、とても快適でした。

ユニケミーにとって「いい会社」とは何か?
どう行動し、実行していくのか?

知識を広げるいい機会でした。

夜は、奈良井宿の宿泊先で懇親会。
見学を終えて「泡オフ」という感じにもなり、
気楽にまじめな話もたくさんできました。

さて、来年はどこへ見学に行こう?
事務局のささやかな悩みです。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
古き良き伝統を守り、時代に合わせて変化を起こす
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
愛知県特定計量証明事業協会   メガソーラーいいだ   喜久水   伊那食品工業   奈良井宿  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム