2011. 10. 19  
DSC02713.jpg

社員旅行in台湾の余韻に浸りながら、旅行中の小ネタを紹介します。

内容は、この3本です。

 ・「水が流れない」
 ・「台湾女子高生!?」
 ・「舌吊った!」
第1話 「水が流れない」

宿泊したユナイテッドホテル(国聨大飯店)の話です。
私の部屋にある洗面台の水が流れません。
DSC02746.jpg

原因は単純で、底にある栓が閉まっているからです。
しかし・・・その栓の開け方が分からない。
蛇口付近を見ても、それらしいレバーが見つかりません。
DSC02747.jpg

洗面台の裏側を見みたりして、他にもいろいろと確認したのですが、
分からないんです。

仕方ないので、初日は「超節水」して、溢れないように頑張りました。
ここで、「フロントに電話して・・・」なんて、小心者の私にはできません。
「恥ずかしい」という気持ちもあるので・・・・。

2日目に、地下鉄で恐る恐るOさんに「洗面台の水が流れないんだよね~」と
話すと、得意気に「Iさんと同じこと言ってますよ。ヒントは蛇口付近です。」

「え~、蛇口にはそれらしいもの無かったけどな~。」と私が言うと、
Oさんは「ちゃんと見てくださいよ。」

その日の夕食前に、もう一度私の部屋で蛇口をよ~~く見るのですが、
やっぱり見つかりません。

Oさんに、「やっぱり分からんよ。正解教えて。」と部屋を見せてもらうと、
DSC02751.jpg

あれ、タイプが違う!!

こんなレバー、私の部屋には無かった。

そうするとS常務から、
「ダブル(今回は一人部屋)の部屋は、直接栓を押すタイプだよ。」

なんだ。確かに水が流れました。
DSC02750.jpg

やれやれ。
S常務は50歳を超えても頭柔らかいですね。
経験と知識の差かも知れませんね。
さすが、常務です。

結局は、Oさんも私もどちらも「正解」でした。
残ったのは、私の頭の固さですね。


第2話 「台湾女子高生!?」

2日目にマンゴーかき氷を食べた「思慕昔(スムージー)」というお店での出来事。
DSC02711.jpg

写真の左の商品を注文したつもりだったのですが、レシートは右になっていました。
しかし店員さんは間違えて左の商品をを私に配膳してしまったので、
お互いに何が正しい注文だったのか分からなくなっていました。

すると、太っ腹にも、厨房から「両方食べて」と右の商品も登場。
嬉しいけど、1人で2つは食べきれません。
なにしろ、こんなにBIGなので。
同行していた他のメンバーも食べきれない表情で、私は困惑。

すると奥の席に、なにやら若そうな女子高生風のグループが。
彼女たちなら、人数も多いし若いので、もらってくれるかも・・・
意を決して、その子たちの前に行き、苦手な英語で話始めました。

「Present for you」
「It'new」
  ・・・・・

そして、「I'm Japanese」と言うと、

「えっ!私たち日本人ですよ。」

なんだ。
完全に赤っ恥をかきました。
「旅の恥は掻き捨て」と言うけれども、日本人じゃ一緒に持って帰られちゃうね。

彼女たちは、群馬県立高崎北高校の生徒さんで、
修学旅行で台湾に来ていたそうです。

これもご縁なので、写真を撮らせて頂きました。

結局、かき氷は近くにいた同じ高校の男子が食べてくれました。
何度もお礼を言ってくれましたが、こちらこそありがとうございました。


最後に、第3話 「舌吊った!」

これはショートネタです。

2日目の夜、夜市に行く前にTさんが、
「しゃべり過ぎて舌を吊ってしまったので、しゃべれられません。」
と、ロレツが回らず半分何言っているか分からない状態で訴えてきます。

「しゃべり過ぎて、舌を吊る!?」

おもしろ過ぎるので、ブログのネタにさせてもらいました。

夜市から帰る頃には、随分良くなったみたい。

Tさん、よかったね。しゃべり過ぎには注意して。


以上、台湾小ネタをお送りしました。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
役員の泡オフ
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
社員旅行   台湾  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム