2015. 09. 09  
最近、テニスやバレーなど
様々なスポーツで見られるようになったチャレンジ制度。

審判の判定に対して異議がある場合、
不服を申し立てるとビデオ判定などで誤審かどうかを再判定する制度です。

こういう制度や仕組みは素晴らしいと思います。

「審判は正確なジャッジであるべき」でなく、
「審判だって人だから誤審することもある」という前提に立っています。

“人だからミスすることもある”から出発して、
試合の中でショー的な観客のエンターテーメントの要素も考えながら
ルール化する。

選手にとっても「審判は絶対」ではないので、
公平な制度だと思います。

私も学生時代にバドミントンの試合で
審判の判定によく腹を立てていました。

判定の正誤は選手が一番分かっていますからね。

ただ、私が出るような素人の試合に、
ビデオ判定がルールに加わることは多分ないでしょうね。
NEXT Entry
功労社員たち
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
スポーツ   ビデオ判定   チャレンジ制度   誤審   バドミントン  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム