2015. 08. 21  
70回目の終戦記念日迎えた8月15日。

仕事を終えて帰る前、
ユニケミーのすぐ近くで夕涼みしているお婆さまに何気なく挨拶しました。

このお婆さまはユニケミーの近隣に長くお住まいで現在82歳。
挨拶だけのつもりが少しお話しを聞くうちに、
いつの間にか太平洋戦争の話になりました。

お婆さまが終戦を迎えた時は、小学6年生で12歳。
空襲の事はよく覚えているそうです。

ユニケミーのある名古屋市熱田区は当時軍用機の製造拠点の一つであり、
1945年6月9日の熱田空襲では多くの犠牲者を出しました。

多くの場所が焼け野原になり、
堀川にはたくさんのご遺体が折り重なっていたそうです。

お婆さまは、
「あの頃、毎日空襲に怯えていた。
 常に死と隣り合わせで、
 爆撃機や空襲警報の音が聞こえると恐怖で震えていた。
 現在、戦争や空襲が無い平和な世の中であることは本当に幸せ。」

こんなお話しを聞かせて頂きました。

またお婆さまにとって、
この70年間の「変化」はかなり大きいものだったと語って下さいました。

あの当時、“明日の命”の保証がない時代。
そして現在の経済的豊かさ。

このギャップがかなり大きいことは容易に想像できます。
お婆さまはこの激動の時代に生きていらっしゃるということです。

これだけ経済的に豊かになった現代でも“ないものねだり”は尽きません。

しかし、生きることすらままならない時代が日本にもあったこと、
そして、現在でも世界ではそういう地域があることを、
私たちは忘れてはならないと思います。

お婆さん、終戦記念日に素晴らしいお話しをありがとうございました。
いつまでもお元気で、またお話しを聞かせて下さいね。
NEXT Entry
恒例になりました。
NEW Topics
2017年大晦日「感謝」
互いに人格を尊重し心豊かな職場に
ブログをボチボチ再開します!
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
Entry TAG
熱田空襲   終戦記念日   太平洋戦争   堀川   爆撃機   軍用機  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
ユニーク&ユニバーサルケミカルカンパニーが社名の由来であるユニケミーの経営者。理化学技術を通じて社会に貢献する、お客様のニーズは何かを常に考える、互いの人格を尊重し心豊かな会社を創るという創業者が創業者の思い。そして理化学分析技術を世間の裾野まで知らしめるという私の思いを重ねこの理念の実現に向けて日々奮闘中。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム