2015. 06. 05  
537513_454533497916906_1891990162_n.jpg

名南経営主催のセミナーに参加しました。

場所は「名古屋能楽堂」
会場は会議室と思っていたら、
能の舞台のある広い会場に案内され驚きました。

その舞台に立った講師は、
ホテルアソシア名古屋ターミナルの元総支配人の柴田秋雄さん。

6月6日は労務(ろーむ)の日なんだそうですが、
それにちなみ昨年から「労務の日セミナー」を開催しているそうです。

このセミナーのタイトルは、
「労務の日セミナー2015
 ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦
 『日本一幸せな従業員のつくり方』
  ~労組専従者出身の経営者が行ってきた従業員重視の経営とは?~」

労務の日から考えると、
最近ではマイナンバー制度の導入などがテーマになりそうなのに、
「日本一幸せな従業員のつくり方」をテーマにしてしまうところが
名南経営さんらしいですね。


「会社には寿命がある。」
冒頭にこう切り出した柴田さん。

国鉄の分割民営化とホテルアソシア名古屋ターミナルの閉館。

倒産の危機にあったホテルの再建を任され
親会社からの増資で借金を返し何とか債務超過の危機を乗り切ったが、
その時「社員は下を向いていた。」

その後、高級ホテルの見学からはじめ、
社員とともに「家族のために」という経営理念をつくり、
さらに事業計画を策定。

多くの「人への投資」を惜しみなく実行した結果、
個性を活かし自ら動く自立していった社員が
少しずつ成果を出していったそうです。

そんな中で、「今年も赤字」という業績見込みになった時の労使交渉で、
組合から「どうしても黒字にしたいので社員の給料をカットして下さい。」と通告。

赤字に慣れた社員であっても、
実は黒字であることが社員の喜びだったと気づいたそうです。

これエピソードは経営者と社員との信頼の証。

社員と社員の家族のために、
真剣に正直に経営した多くのエピソードを伺うことができました。

柴田さんの根っこには、
利己でなく利他の精神を持つ「日本民族への誇り」があるように思います。

このホテルの再建の話は映画化されているそうです。
柴田さんのお話を伺って、その映画が観たくなりました。

どこで観られるのだろう?
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
楽器の日
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
名南経営   労務の日   ホテルアソシア名古屋ターミナル   名古屋能楽堂  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム