2011. 07. 09  
今日は土曜出勤日でした。
午前中は全体会議。
夏季賞与の支給日が7月10日なので、
毎年7月の土曜出勤日に賞与の明細を社員に配布しています。
今年は10日が日曜日なので、既に8日には振り込まれていたんですが。

社員の皆さん、ありがとうございました。
冬季や来年の賞与がもっと良くなるように、私も頑張りますね。

午後はみんなで大掃除。

夕方は新卒採用の一次試験合格者が決定していたので、
ご期待に添えない結果となってしまった学生の皆様にメールを送信しました。
これは、本当に心が痛む仕事ですね。
みんな優秀で、みんな仲間にしたいって思えるぐらいだったのに・・・
辛かったです。
きっと学生さんは、それ以上に心が痛み辛いんでしょうね。

そんな私の傷心を癒してくれたのは、やっぱり仲間でした。
夜はダーツ部に参加。
みんなで盛り上がり、嫌なことを全部忘れて楽しい時間でした。
DSC01625.jpg
新卒採用一次試験の合格者判定会は、悩みに悩みました。

4時間にも及ぶ議論の末、合格者を決定。
「みんなが腹に落ちるまで議論し尽くす」というのが私の方針です。
何度も何度も目指す人財像に戻っては議論、戻っては議論という展開でした。

合格者を決定するプロセスを初めて経験して感じたこと。
それは、実力だけではどうにもならない「縁」が存在することです。
学生さんはそれぞれ良い所があり、とても優秀な方ばかりでした。

ユニケミーに入社したいという熱い想いを真剣にぶつけてくれる学生さんもいて
とても嬉しかったです。

けれども、ユニケミーの「いい会社」づくりはまだまだこれからです。
私ではない現ユニケミーのトップは、トップとしての方向性があります。
組織の人間として、私はそのトップの方針には従わなければなりません。
私が目指す組織像と現状では、大きなギャップがあります。
この部分について、社会人経験のない学生の方に理解して頂けるかという
不安があります。

今回の採用活動を通して、私を含めた若手から中堅社員は
将来のユニケミーについて真剣に議論する機会が明らかに増えました。
こういうプロセスは、とても大切です。

一次試験に合格された学生の皆さん、次の試験も頑張ってくださいね。


仕事を終え少し遅れてユニケミーダーツ部に合流。
今日はなんと8名が参加。
宴会部長Kさんも既にマイダーツを購入済。
まだ入社して1ヶ月のNさんも、過去にやり込んだ時期があったそうで、
マイダーツ持参。

ダーツ部部長のMくん、着々と部員を増やしているね。
やっぱり部長が投げる姿はかっこいいからね。
DSC01626.jpg

最後は4人ずつに分かれて合計得点を競うチーム戦に初挑戦。
これは大盛り上がりでした。
団体戦なので、上手い人から初心者までが一つになり、
メンバーのため、チームのために誰もが集中して真剣に投げていました。

やっぱり団体戦って楽しいですよね。

今日の全体会議で、勤続10年表彰を受けたダーツ部副部長のYさんが
その金一封で、みんなに飲食代をごちそうしてくれました。

かっこよすぎますね。
Yさん、ありがとうございました。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
美味三昧
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
ユニケミー   仲間   ユニケミーファン   U-ZIN   採用  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム