2014. 09. 30  
fc2blog_201409301219003c6.jpg

仙台市内にあるみちのく未来基金を訪問しました。

東日本大震災では約1700人の子供たちが大切な親を亡くしました。
その震災遺児の大学・短大・専門学校への
進学の夢を応援する奨学基金がみちのく未来基金です。

東日本大震災の後、何も出来ない自分にモヤモヤしながら、
1年ほど前にこの基金の存在を知りました。

「真に復興の礎となるのはこれから育つ次世代の若者たちである」
という考えに共感。

またこの基金は、震災発生時にお腹の中にいた子が、
大学などの高等教育を受けられるよう25年続けようという覚悟も凄い。

みちのく未来基金を知り、モヤモヤが少し晴れるとともに
中小企業でも身の丈にあった方法であれば
長期的かつ継続的な復興支援ができるのではないか?

お客様満足の向上、自社の満足の向上、
結果として長期・継続的な復興支援への貢献、
これらを両立できる方法について考え始めました。

曽祖父や公益資本主義の考え方にも影響を受けています。

その実行の第一歩が紙ウエス「ポスラボ」の売上の1%を
みちのく未来基金へ寄附すること。

とても原始的な方法ですが、お客様にも代理店様にも、
この商品をお使い頂いたり、取扱って頂く意味付けが
シンプルかつストレートに伝わると考えています。

今日、みちのく未来基金で様々なお話を伺うことができ、
とても勉強になりました。

実際に震災遺児の被災者に直接支援されているスタッフの方の
ご尽力やより主体的に支援されている企業様から比べたら
非常に微力ですが、粛々と支援を続けていく覚悟です。

小さな力も輪とネットワークで協力すれば、
大きな支援に繋がっていく。

そんな小さな半歩になると信じています。

午後からは初めて実際に被災した地に入りました。
そこで見たこと感じたことは、後日のブログで記します。
NEXT Entry
平成27年度内定式 ~プロになれ~
NEW Topics
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
お菓子に釣られて
下町ロケット・完
最後のレッスン
Entry TAG
みちのく未来基金   紙ウエス   ポスラボ      東日本大震災   復興支援   公益資本主義  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム