2014. 08. 20  
千年経営研究会の名古屋会でした。

今回はK社の営業責任者の社員さんがゲスト参加。

社長とその右腕の役割について、
さまざまな意見が飛び交いました。

また、「なぜ“営業 vs 製造”の構造になるのか?」

それは業界を問わず、よく聞く話です。

製販分離や製販一体については、
どちらが正しいということは無いと思います。

私の考えは、
「営業機能は全社員が持つ」です。

いずれにせよ、横の関係(営業と製造の関係)がお互いに厳しい方が
お客様本位な組織風土になっていくと思いますが、
お客様本位でない“VS構造”は、
内部崩壊から顧客離れが進んでしまう。

簡単なようで、難しい課題ですが、
こういうことを一つひとつ解決していくことが、
経営の楽しさでもあります。
NEXT Entry
百薬丸と正露丸
NEW Topics
2017年大晦日「感謝」
互いに人格を尊重し心豊かな職場に
ブログをボチボチ再開します!
2年越しの内定式
KKコンビ
しぶし・しぶし・しぶし
種子(タネ)へ
宇宙の種水カー
絶対に損はさせない
感謝を伝える初詣
甘かった・・・
練習できず・・・
チーズ納豆
女子力
十干十二支 ~平成28年は丙申(ひのえさる)~
お客様接点のど真ん中へ
今年は大中同窓会やります!
お正月の小さな楽しみ
お正月は自然薯で
謹賀新年
2015年大晦日
年の瀬にぎっくり腰
心もきれいになる
仕事納め
堂々たる演奏でした。
年賀状を書いてます
手作りのクリスマスケーキ
イブですが・・・
貰ったら離さない
仕事取れてなさそうだから・・・
Entry TAG
製販分離   製販一体   千年経営研究会   名古屋会  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
ユニーク&ユニバーサルケミカルカンパニーが社名の由来であるユニケミーの経営者。理化学技術を通じて社会に貢献する、お客様のニーズは何かを常に考える、互いの人格を尊重し心豊かな会社を創るという創業者が創業者の思い。そして理化学分析技術を世間の裾野まで知らしめるという私の思いを重ねこの理念の実現に向けて日々奮闘中。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム