2014. 06. 30  
10289807_850013825010788_4818241217219288200_n.jpg

4月に入社した新入社員は3ヵ月間の研修を終え、7月1日に本配属されます。
この配属を前に新入社員研修の成果発表が開かれました。

各部課・チームを回りながら、
「お客様の事例を10件集める」という課題に取り組んでもらいました。

さらに、その事例を深堀りしてもらい
そのうち数件を成果発表の内容に盛り込んで発表することになっています。

発表直前、最後の1週間は「追い込まれ、追い込まれ、追い込まれ」
「助けられ、助けられ、助けられた」期間だったようです。

無事に発表を終え、配属式での服部社長の言葉はとても素敵でした。

孔子の論語の言葉で「下学上達」
意味は「手近なところから学びはじめて、しだいに深い学問に進んでいくこと。」

最初に希望した配属先でなくても、与えられた手近な仕事から着実に進め
信頼を得ていくことでいずれプロとなり、「やりたい!」仕事もできるようになる。

まさに私たち若い世代が、再認識しなければいけない言葉だと思います。

Fくん、Oくん、発表お疲れ様でした。
そしてさまざまな面から2人をサポートしてくれた社員の皆さん、ありがとうございました。

リハーサルを2回行い、ギリギリまで高めることに妥協しなかったこの発表。
だからこそ既存の社員も多いに刺激を受けました。
「教えることは教わること」 ありがとう。

これがまさに「初心」です。

この初心を忘れず
「ユニーク&ユニバーサルなケミカル」で
共にユニケミーファンを増やしていきましょう。
2014. 06. 29  
fc2blog_20140707175046e19.jpg

7月にオープンする「おおぶ文化交流の杜allobu」のオープニングイベントで、
娘がその舞台に立ちました。

「娘が習っているリズムミックチアダンスと新体操の発表会があるから
 パパも見に来る?」

妻からそんな軽いノリの話があったので、
訳も分からず会場に入ると冒頭の事だったようです。

そもそも「allobu」って何だ?と思いながら、
その新しい大府市施設に入り、
あっという間に娘の出番は終了してしまいました。

後に調べてみると大府市の新しい図書館と
さまざまな文化交流ができる施設が完成して
光栄にもそのオープニングイベントに娘は参加できたようです。

娘に「緊張した?」と聞くと、「全然」
将来大物になりそうだ(笑)
2014. 06. 28  
fc2blog_20140707172716035.jpg

ユニケミー技報No.62が完成しました。

今回は、多くのご依頼やお問合せを頂く工業製品の油分分析の基礎について
技術部のKくんが記事を書いてくれました。


また、技術部の多趣味なNくんが吹きガラスの制作について記事にしています。
普段とは別のカッコイイ写真も掲載されています。


どちらの記事も、筆者と何度も何度も否定や修正を繰り返しながら
ようやく書き上げた素晴らしい内容となっています。

Kくん、Nくん、ありがとう。お疲れ様でした。

さて、今回はお客様からもご要望を頂いていたメール版の配信も
一部で行う予定となっています。

23年目を迎えたユニケミー技報は、さらにさらに進化していきます。
2014. 06. 27  
10438922_710437682363357_1903774232055818842_n.jpg

ハタモク in 名古屋に参加しました。

今回は千年経営研究会でお世話になっているK社のO社長にも
ご参加頂きました。

私が企画会議に入って初めてのハタモク。
今回はいつもと違った企画にチャレンジすることになりました。

学生は「今日社会人に聞きたい事」
社会人は「今日これだけは聞いて欲しくないこと」を自己紹介の時に
明らかにしてもらって、トークテーマにしようという試みです。

また、セッションに入る前に自分が考えるハタモクを書いてもらい、
セッションが全て終了した後にもう一度ハタモクを書き出して、
前後の変化を楽しんでもらおうという試みも。

残念ながら今回は学生さんの参加が少なく、
1つのグループの対話人数は、学生対社会人が1対4。

そんな中でも、話合いが盛り上がったグループもあって一安心でした。

全参加者でのクロージングでは、
多くの人から「ハタモクは前後で変化はない」とのコメント。
実は私もハタモクは変化しなかったのですが、
それぞれの参加者が、それぞれに気づきがあったようです。

【ハタモクin名古屋 存続の危機】
こんな状態なので、今回は客観的に意見を聞きたいと
当社のYさんにも参加してもらいました。

また、O社長も入り少人数で行われた2次会では、
この話について参加者からご意見を伺いました。

ハタモクin名古屋のファンになって頂いていることを実感しながらも、
私自身が企画メンバーとしてどう接していくかを未だに決め切れずにいることを
あらためて気づかされました。

しかし、不安定状態が次へのステップになります。
それなので、もちろん7月も開催します。(7月23日(水))

皆さん、是非ご参加下さい。
2014. 06. 26  
fc2blog_2014070716421010e.jpg

千年経営研究会の名古屋会でした。

今回はPECさんでお世話になったHさんもスペシャル参加。
PECさんへの出向を終え卒業してから、もう1年になるんですね。

若い若いHさんは、もちろんお元気そうで何よりでした。
またさまざまな面で交流させて下さいね。

さて、ハワイでのK社長の就任パーティー後、
はじめて開催された名古屋会。

既に次の話題になっていました。

「次はだれ? どこに行く?」

こうやって、明日への活力にしているのでした。

ちなみに次は日本からほど近いK国かな?
2014. 06. 25  
先日のISO14001の審査を受けて、
是正処置に追われております。

「問題がない会社が問題ではない。」
そう思って是正に取り組んでおります。

通常ではお会いする事のできないスペシャルゲストが
この審査に出席されたことが大きく起因していると思われます。
被害妄想かもしれませんが。。。
これが世の中の理不尽や矛盾・不条理・不平等なのでしょう。

ちなみにスペシャルゲストが参加される可能性は、
300分の1だそうです。
つまり、300年に1度の確率と置きかえることもできます。

わたくし、とっても運がいいようです(苦笑)
2014. 06. 24  
久しぶりにOA管理者ミーティングに参加しました。

OA管理者ミーティングは、
3年半ほど前に立ち上げた部門横断型のチーム組織。
それぞれの部門業務に加えて、
IT・OA機器に関わる業務の大部分を担っています。

社内の部門横断型の組織やチーム、委員会などは
以前から多く立ち上げられてきました。
その中でも、自立度No1!がこのミーティングです。

これまでも、四次元ポケットプロジェクトを実行に移したり、
自主的にXP問題にも取組み、解決してくれました。

そして、5年ほど前に私が整備したIT環境について、
より改善したいということでこの会議に被告人(?)として
招いて頂きました(笑)

そして、年末に向けて新たなプロジェクトを立ち上げ
実行に移すことが決まりました。

当事者を前提とした前向きな提案や自己否定に対する
“被告人”となれることを誇りに思い、社員に感謝します。

私もこのプロジェクトのスポンサーとして、
全力で応援します。
2014. 06. 23  
fc2blog_20140704200919a54.jpg

娘と息子のやんちゃな行為から、守らなければならないものがある。

わが家では目下、家の中の壁紙や床なんです。
落書きやシール貼りにキズなどなど。

壁紙は・・・(苦笑)、、、若干あきらめていますが、
床ぐらいは守らねば!

ということで、ホームセンターでよくある子供用のマットを大量購入し、
子供たちと敷いていきました。

娘の部屋中にマットを敷きつめてみると、意外にも圧巻の景色。
カラフルでとっても素敵な床になりました。

ただ、懸念があります。

子供たちはこのマット自体を外すことが遊びになってしまうのではないか?

悪い予感が当らないといいけど。。。
2014. 06. 22  
fc2blog_20140704192011ab3.jpg

妻が一目で気に入り、即購入を決めた「カッコー時計」が
わが家のリビングにデビューしました。

昔よくあった鳩時計の鳩がかっこう鳥にかわっているだけで、
どこか懐かしい気がします。

00分になると“時”を表す回数分だけ
「カッコー、カッコー・・・」と6時の位置からかっこう鳥が飛び出してきます。

明るさのセンサーが付いているようで、
夜になり部屋が暗い時は00分になってもかっこう鳥は眠っている(出てこない)
ところが現代版ですね。

1時だと1回だけ、2時だと2回だけ、、、何かさみしい。。。
逆に11時だと11回、12時は12回、、、はっきり言ってクドイです。
4時から6時ぐらいがちょうどいいかな。

でも、00分をお知らせしてくれる生活も悪くないです。
2014. 06. 21  
fc2blog_20140704191951578.jpg

1歳9ヵ月になった息子くん。

まだ言葉は全く発しませんが、
こちらが言っていることはかなり理解できているようで、
知恵もどんどんついています。

しかし、まだ分別つきません。

こうなるとかなり大変です。
ミニゴジラくんのやんちゃぶりから、
現在は「ただの破壊王」に成長。

その日々の破壊活動の中で起こった象徴的な出来事。

自分で空気清浄機の前カバーを空け、紙でできたフィルターを取り出し、
さらにその紙の部分を指チョップで破壊する。

親である私と妻は、笑うことしかできないんだなぁ~。
2014. 06. 20  
fc2blog_20140629185531e00.jpg

4歳8ヵ月になる娘の乳歯が初めて抜けました。

通常よりは早過ぎるらしいのですが、
歯医者さんでレントゲンを撮ってもらった結果、
既に永久歯が生えてきているそうです。

この抜けてしまった記念の乳歯をどう扱うかについて、
私はあまりこだわりはありません。

しかし、妻は「下の歯は屋根に、上の歯は庭に」と言っています。
どうやら妻が子供の頃はそうしてもらっていたようです。

私の時はとうだったのかは、全く覚えていません。

まだ抜けていないもう一本下の歯もグラグラになっているので、
これが抜けたら「儀式」が行われる予定です。
2014. 06. 19  
ハタモクin名古屋の緊急ミーティングでした。

私が企画メンバーに入って1ヶ月。

正直に言うとハタモクin名古屋は、
存続の危機に立たせれていました。

その中で追い打ちをかけるように起こった
新たな問題。

私自身もそこまで覚悟を持って、
運営メンバーに入った訳ではないとよく理解できました。

そんなダークな状態でも、
情報共有と不安定状態、
そしてFace to Faceで話し合い大切さも
また理解できたのでした。

全ては一面だけで考えることができない。
複雑に絡み合っています。

しかし、この新たな問題こそ、
メンバーの本音を導き出していることもまた事実。

ハタモクin名古屋の真価が問われる時期に来ています。

私次第であることも分かっています。
もう「新米(笑)」なんて言っていられない。
2014. 06. 18  
fc2blog_201406291437127ba.jpg

8回目の入籍記念日を迎えました。

結婚記念日は10月ですが、
二人が14年前に付き合い出した日を忘れないようにと、
この日に入籍しました。

妻の戦略?です。

思い返せば、二人で結婚する決めてからわずか2ヶ月で入籍。

ノリと勢いとはこの事だったのかな(笑)

今月は本当にバタバタとした生活を送っていますが、
何とか忘れず花を贈ることができました。

いつも私を含め子供3人(?)を面倒見てくれている妻へ。

いつもありがとう。
まず、何とかこの1ヶ月を乗り切っていこう。
2014. 06. 17  
fc2blog_20140629141925d24.jpg

子供達がはしゃぐ声の方へ行ってみると、
オムツ用の丈夫なダンボールに入って遊んでいました。

「いないいないばぁ〜」
とダンボールから飛び出す娘を見て、
息子は大笑い。

子供は遊びの天才。

捨てようと思っていたモノでも、
楽しい遊びに変えてしまいます。

そのうち遊び疲れて、
そのままダンボールの中で眠っていそう。。。
2014. 06. 16  
fc2blog_201406170902214b2.jpg

北館1階の壁の一部に“突破口”を開きました。
今まで壁だったところの一部を破り、人が通れるようになりました。

エレベーターホールから見る景色も随分変わり、
見通しが良くなりました。

工事自体の目的は“工数低減”ですが、

「チームメンバーが集結して事務業務ができるように、
 座席を一ヶ所に集約したい!」


そんな思いから始まりました。
もちろんその先の目的も明確です。

“思い”から実行へ。
全て自らの力を源に実行しています。

ソフトがきっかけとなり、結果的にハードに現れる。
そんなステキな事例です。

しかし、この思いの目的達成は今がスタートライン。
本当の“突破口を開く”はこれからです。
2014. 06. 15  
fc2blog_2014061618575004d.jpg

日本はW杯サッカーの日本vsコートジボワール戦で盛り上がっていましたが、
私は春の愛知県社会人クラブリーグ戦の2日目でした。

今回の最終戦績は3勝2敗で6部3位。
6部残留は2011年の春リーグから数えて7回目です。

今回も岐大BC Cチームのエースに成長したTくんの強さが際立っていました。

しかし、そのエースTくんは博士号取得のため、
この秋に渡米します。
つまり、Tくんは今日が岐大BCの引退試合。

Tくん、2年間ありがとう。
アメリカで怪しい人物と間違われないように、
おヒゲの手入れは万全にね(笑)

エースなき後のCチームは降格の危機にさらされそうですが、
残りのメンバーでもう一度昇格目指して頑張りましょう。

Cチームの背水の陣となるので、
そろそろ本格的に練習を再開します。
2014. 06. 14  
fc2blog_20140616184711f97.jpg

今週も娘の幼児体操教室に息子も連れて付き添いです。

これで、3回目。

最初は、忙しくしている妻から頼まれて、
二つ返事でOKしました。

そして2回目も二つ返事でOK。

こうなると3回目は「連れて行って当たり前」となる訳で、
私もそのつもりで3回目の付き添いです。

最近はすっかり運動不足なので、“見ているだけ”はちょっと苦痛。

どうせなら、私も一緒に参加したいんですけど。。。

毎回そう思いながら、息子の面倒を見て過ごしています。
2014. 06. 13  
10463974_840385359306968_3662352718450659842_n.jpg

ユニケミーの親睦会であるPPb会が主催する毎年恒例の新人歓迎会でした。

今年は、3人の新しい仲間を迎えました。

そのうち新卒入社のFくんとOくんが、
飲み会途中に必死の自己紹介。

しかし、毎年、みんなお酒が回りすぎて、
「ガヤガヤガヤガヤ・・・・」
聞いている人がほとんどいないんだな~

今年もFくんとOくんの善戦むなしく、
今回の幹事で1年先輩のHさんからリングにタオルを投げ入れられ、
途中終了となりました。

社会は厳しいね。

「注目してくれない・・・」ではなくて、
みんなに注目されるような社会人になって下さいね(笑)

伊勢エビに和牛にフォアグラに・・・

おいしゅ~ございました。
2014. 06. 12  
fc2blog_20140613085635996.jpg

日経トップリーダー2014年6月号の特集に、
「ここまでやらなきゃ若手は伸びない」という記事がありました。

この記事には、ゆとり世代の本当の問題点として、
1 お膳立てができない
  (理由:何をするにしても周囲が準備してくれたため)
2 プロセス主義
  (理由:相対評価ではなく絶対評価を受けてきたため)
3 極端に打たれ弱い
  (理由:競争機会が少なく失敗経験が乏しいため)

しかし、この問題を“ゆとり世代”で括ることは、ちょっと違和感を感じます。

私は、ゆとり世代ではありませんが、
私より上の世代の方々が私を見て上記のことを
潜在的に“問題”と指摘していると想像します。

また、「組織の人財」としても、
自律していない組織はこういう状態かもしれません。

最近、私が強く感じていることは、
「結局、結果が全てである」ということ。

目的を通じて結果を残すために、
どういう手段が長期的・本質的・多面的に有効かをトライして、失敗してを
繰り返しながら、結果に結び付けていく。

根本的には、若手も中堅もベテランも
「共通の目的を持つ」ということだと考えています。
2014. 06. 11  
10437151_571125496337790_494820011_n.jpg

今週末は、父の日。

しかし、私の父は週末を不在にしているという話を聞き、
少し早い父の日プレゼントを贈りました。

お酒の苦手な私に似合わず父の日ギフトは「自然派ワイン」を選択。

長野県駒ヶ根市の経営者オフサイトミーティングでご縁のあった
N社のNさんに選んで頂きました。

N社さんは製造業の傍らでワインを中心に
厳選された酒類の輸入販売業も営んでおられます。

つまり、洋酒のプロなので、このご縁を機会に選んで頂きました。

Nさん、ありがとうございました。

このワインは、多く人が集まる時に開けたいということなので、
“父の感想”はもうしばらくお待ちください。
2014. 06. 10  
fc2blog_20140611112644b7f.jpg

技術部のサンプリングチームが自らの提案と行動によって、
メンバーのホームポジションとなる事務室と器具庫の
大レイアウトを実行しました。

「やってみてから考える」
目的意識を持って自ら考え自ら行動することで、
自らよりよい環境を創り出していく。

決して“評論”なんかじゃありませんでした。
本当に素敵で又頼もしい事例です。

結果的に整理(必要なモノと不要なモノを分けて、不要なモノを処分する)も進み、
活スペースを利用してメンバー全員の事務スペースを確保することができました。

今週末には、“突破口”を開く(笑)、
ちょっとした施設の改造工事も予定されています。

ユニケミーは、メンバーに明示できる目的を持って、
自ら考え自ら行動する人財をしっかりとサポートしていきます。
2014. 06. 09  
fc2blog_20140610130525ae1.jpg

最近何かとカーディーラーへ行く機会が増えています。

私の車が10年を超えてさまざまな部分で
部品交換が必要になってきたり、ぶつけてしまって修理したり。。。

そんな中、今度は妻がある駐車場で縁石にバンパーをぶつけてしまいました。
傷は見た目にはほとんど気になりませんが、前輪の内側のカバーが
外れてしまっています。

ということで、またまた子供たちを連れてカーディーラーへ。

毎回ジュースが飲めて、お菓子がもらえるので子どもたちは大喜びです。

結局、通常走行には問題ないとのことで、
外れたカバーを仮には直してもらえたものの、
正規の修理には、バンパーと内側のカバーの交換が必要ということでした。

見積り金額は、約6万円。

そのことを妻に報告すると、
「それなら修理しない。」と即答。

まあ、そうなるよね。
2014. 06. 08  
fc2blog_2014060816035830c.jpg

高山の経営者仲間でS社のSさんが
仕事で名古屋へ出てくるという連絡が入りました。

午後から名古屋駅の周辺で予定が入っているという事だったので、
ノリタケの森のレストランを予約しました。

しかし、午前中の予定が少し伸びて、
30分ほど遅れるというので、
勉強を兼ねて「森村・大村記念館」へ。

っと思ったら、今年の3月で閉館してしまい
多目的ホールに変わっていました。

あ〜、とっても残念。

以前、ここを訪れた時に、
また勉強のために訪れようと思っていたのに。。。


何でも行動は早いうちに。
タイミングを逃すとこうなっちゃいますね。

しかし、短い時間だったけれども、
Sさんとは楽しいランチタイムを過ごすことができました。

Sさん、新しい仕掛けが世の中に認められるといいね。
2014. 06. 07  
fc2blog_2014060815210906a.jpg

娘の親子学級に参加しました。

朝に弱い私にとっては辛い8時30分スタート。
娘から「パパちゃんと早起きしてよ!」って釘を刺されていたけど、
「じゃあ起こしてよ。」ってお願いすると、
「私も起きられるか分かんな〜い」

結局2人とも7時ピッタリに仲良く目が覚めました。

昨年の親子学級は、朝の園児の集合で
いきなり半ベソをかいていた娘でした。
他にもそういう園児は見られたのですが、
さすがに年中にもなる今年はそういう子は見られませんでした。

みんな成長したな〜。

今年はこの親子学級で娘とともに輪投げを作って遊びました。
さらに父の日に合わせて、
娘の写真が入った手作り写真立てをプレゼントしてくれました。

ありがとう。

毎日幼稚園へ行くことが楽しくて仕方がない娘。
卒園までにお友達が100人できるといいね。
2014. 06. 06  
fc2blog_2014060814450683c.jpg

ユニケミー技術本部の屋上から見た熱田祭りの花火。

特に女性陣は楽しみにしていたはずなのですが、
女性が多く所属する水質・機器分析チームはみんな揃って残業中。

しかも、花火どころではないぐらいバタバタしていました。
「花火が上がっているよ。」って言うのもためらうほどです。

水質チームは、毎月月始に定例のご依頼が集中する上に、
別のお客様のからもまとまってサンプルが入って来たようで、
その対応に追われていました。

来年こそは!
同じ受け入れ量を定時で終われるように、
チームを成長させていこう。
2014. 06. 05  
fc2blog_20140606084110c8b.jpg

また一人、ユニケミーに環境計量士(濃度関係)が増えました。
技術部のEさんです。

昨年私が挫折した環境計量士。
私は結局インフルエンザで不戦敗でしたが、
Eさんは見事に合格を果たしました。

毎日通勤途中の電車の中で、コツコツ勉強していたそうです。

Eさん、おめでとうございます。

さて、私はユニケミーの従業員が全員環境計量士であることを目指しています。

そしてまずは第1ステップとして、「技術部の正社員全員が環境計量士になる!」
ことが目標です。

Eさんの合格により技術部正社員の環境計量士(濃度or騒音振動)取得率は

  41%

次は、私が合格する番だーー!(苦笑)
2014. 06. 04  
fc2blog_20140605091207172.jpg

社内にある自販機で販売されている多くのジュースが値上げされました。
今更ながら「消費増税に伴う価格改定」なんだそうです。

90円が100円に。
110円が120円に。

90円の増税分は2~3円なのに、10円上がっちゃう。

しかし、90円や110円のまま踏みとどまったジュースたちもいます。

どれを買おうか迷ったら、ついつい安い方を選択しちゃうかも。。。
2014. 06. 03  
fc2blog_201406041113103ca.jpg

ハタモクin名古屋の企画会議に初参加!

私が知らなかった舞台裏の試行錯誤を
垣間見ることができました。

ハタモクin名古屋は活動開始から3年目を迎えています。

その中で企画メンバーの試行錯誤を一言で表現すると
「“続ける”って非常に難しい」

会社で例えるならば、
設立後3年で35%の会社が消え、
5年後には85%が倒産や解散すると言われています。

設立後10年の生存確率は5~10%。

そんな世の中において、ハタモクin名古屋の企画・運営の実務主体が
「ボランティア」ですから、さらに続けていくことは難しい。

その上それが指示・命令に従うだけの活動になってしまったら、
困難極まり無い状況かと察します。

その中で、私は企画メンバーとして手を挙げた訳ですから、
それ相応の“覚悟”が必要であることが分かりました。

しかし、この困難な状況だからこそ“楽しい”と思えなければ、
本当の“楽しい”ではないですからね。
苦楽しいです。

やるか? やらないか?
その選択だけですよ。

少し時間をかけてゆっくり考えさせて下さい。
2014. 06. 02  
fc2blog_20140603110448b73.jpg

昨年導入したFE-EPMA(電界放出型電子プローブマイクロアナライザ)。

EPMAは電子顕微鏡に元素分析の機能を付加した分析機器なのですが、
FE-EPMAはEPMAよりさらに約10倍高精度になりました。

FE-EPMAは、電子顕微鏡で約10万倍までの観察、
面分析という定量分析は約3万倍まで可能となりました。

こんな高精度な分析機器なだけあって、その分ナイーブなんです。

そのため、FE-EPMAで高倍率の分析を実施している時は、
試験室の前に「高倍率観察中 入室時ご注意ください」と掲示されます。

振動に非常に敏感な分析機器なので、
この掲示を見たらその試験室及び周辺では「抜き足差し足忍び足」になります。

その姿はまるで、寝ている赤ちゃんを起こさないように注意するイメージかな(笑)
2014. 06. 01  
fc2blog_2014060210131675e.jpg

わが家の“蚊”対策は、ラケット型のビリビリマシン。

「バドミントンの経験を活かすためです。」
ではなくて、妻が化学物質を嫌うからです。

暑い季節になってくると、わが家には何匹もの蚊が出現します。
その度に、このラケットを握りしめ、一撃必殺とばかりにラケットを振り回しています。

「バチッ!」とヒットした時には、「やった!」とモヤモヤが一気に晴れます。

しかし、寝ている時はかなり厄介です。

耳元であの「プ~~~」という蚊の飛ぶ音が聞こえてきます。

飛び起きて、電気を付けラケットを握りしめて、
蚊と格闘。なかなか見つけられず長期戦になることもしばしば。

やっと捕まえて再び眠りについても、
しばらくすると「プ~~~」

1匹だけではなかったみたい。。。

また戦ってやっつけて眠りにつくと、またまた・・・・

昨夜は4匹と戦いました。

少々眠たいです。
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム