2013. 02. 28  
fc2blog_201302282124242fc.jpg

ユニケミーは、本日2月28日が創立記念日。
創立41周年を迎えました。

今年も無事に誕生日を迎えられたことは、
当社を支えて下さっている皆さまのおかげさまです。

本当にありがとうございます。

創立記念日の今日も普段と変わらない日常。
でもちょっとだけ特別にしました。

ユニケミーから車で5分ほどの所にある「エスポワール ド オチアイ」の
半熟とろーりチーズで、誕生日をお祝いです。

技術部のTさんに紹介してもらいました。

社内の評判も上々で、とても美味しいチーズケーキだったので、
次に機会にも、このお店を利用してみます。

42年目がスタートしました。
さらなるお客様本位を実行して、さらに“美味しい”42周年にします。
2013. 02. 27  
fc2blog_2013022808431601c.jpg

今週2回目、第11回目の会社訪問でした。

いつものようにラボツアーの後、学生さんとの座談。

お二人とも「計量証明事業所で仕事がしたい!」と、
嬉しいことを言ってくれました。

「化学が好き!」「分析や環境計量に社会的使命を感じる」
私たちもこういう学生さんを大歓迎します。

しかし、一番求めているのは、
「これからお客様本位のいい会社を作りたい!!!」
という人財です。

だから、社内のグロテスクな話も赤裸々にしました。
この時ばかりは、明らかに学生さんの表情が硬直

この事実を受け入れながら、
前に向かって共に歩んでくれる人を探しています。

「問題が無い会社がいい会社ではない。
 問題があってもそれを仲間と試行錯誤しながら
 解決していく会社がいい会社である。」

そろそろ会社訪問も終盤です。
ユニケミーを見学したい学生の皆さん、急げ
2013. 02. 26  
DSC06640.jpg

先週出席したPEC産業教育センターの集いでの
パネルディスカッションを振り返ります。

山田先生と慶応義塾大学 竹田恒泰氏、福聚山慈眼寺 塩沼亮潤氏、
NHK専任ディレクター 片岡利文氏、日本経済新聞社 後藤康浩氏という、
そうそうたる顔ぶれです。

「PECが求める 会社の宝 日本人の宝」と題して、
なぜ改善するのか? 「働く」とは何か? という
“そもそも”の本質を問い質す内容です。
2013. 02. 25  
以前、ユニケミーにお越し頂いた風土改革仲間であるT社のTさんから
お誘いを頂いて、あるセミナーに参加しました。

そのセミナーに参加している方々の共通言語は「箱」

私はバックグラウンドも知らず、1時間遅れて参加したので、
その中身を説明することは控えます。

それでも、人を軸に本気でいい会社を作ろうとしている社長さんや
その社員さんが集まっていることはすぐに分かりました。

訳の分からないままセミナーが終了し、二次会へ。

目指す姿が似ているので、すぐに意気投合して熱くなっちゃいました。

ご縁がご縁を結び、こうやっていい会社作りが自然に広がっていく。
そう思っています。

さて、T社のTさんは自分の会社をいい方向に向かわせるために、
明日が上司に向けたプレゼンなんだそうです。

頑張って下さいね
結果がどうあれここまでチャレンジできている熱いTさんが
何より素敵で輝いていますよ。

またまた多くの素敵な仲間が増えそうな予感。

参加された皆さま、今日はありがとうございました。
またお会いしましょうね。
2013. 02. 24  
IMG9_1013.jpg

娘はばーちゃんと人形劇へ、妻も名古屋へ出掛けて行ったので、
休日の今日は、5か月の息子と二人で大人しく留守番です。

とは言え、私の息子くんはとっても静か。
普段からこんな感じです。

今日も、気持ち良さそうにスヤスヤと眠ってくれていたので、
私も一緒にお昼寝しました。

娘の時は、何かと大変だったように記憶しているのですが、
息子は起きている時も、ニコニコ笑って静か~なんです。

私に似たみたい(笑)
2013. 02. 23  
DSC06644.jpg

PEC産業教育センターの創業35周年記念行事に参加しました。

第40期東京PECトレーナー養成講座の同期生や
コーティネータの方とお会いできて、
少し抜けかけていたモラールや改善魂が蘇ってきました。

技術部門に異動し、その変化に押し流されている私ですが、
皆さんにお会いして、またモチベーションがグングン上がってきました。

改善仲間って、とても素敵な人ばかり。
多くの元気をもらいました。
2013. 02. 22  
ユニケミーの検査・分析業務の中には、
お客様に訪問して、対象となる試料を採取することも多くあります。

水、土、空気など、環境に関わる検査の試料採取は、
多くの技術やノウハウを必要とするプロの仕事です。

今日は、現地の安全確認を目的として、
工場の排ガス測定現場を確認しました。

現場測定に出向くのは、実に6年ぶり。

目的は、安全確認でしたが、
それ以外にも、文書や言葉では語れない現場の空気感や作業する環境、
品質やお客様への対応など、さまざまな面で多くの情報を得ることができました。

作業後、お客様とのお話の中で、
現場で接しているユニケミーの技術者が、
私の想像をはるかに超えるほどの信頼関係を築いていることを知りました。

営業機能を営業部に依存し過ぎないという「全員営業」を
既にユニケミーの社員が体現していました。

本当に嬉しかったな~。
こういう事実が私にとって一番の経営者満足です。

現場を見ることの重要性を体験するとともに、
全ての社員がお客様と直接繋がるという「全員営業」を、
もっともっと考え、実行していきます。
2013. 02. 21  
fc2blog_20130221194542d38.jpg

2月の経営者オフサイトの懇親会は、「塚田農場」という居酒屋でした。

ここは、カンブリア宮殿など多数のメディアで紹介されている居酒屋。
宮崎地鶏がお手頃に食べられることと、接客サービスが有名なお店です。

お店に入った時、店員さんの衣装に目を奪われましたが、
企業風土改革仲間の皆さまとの熱い対話に、
味と接客を感じることなくタイムリミットを迎えてしまいました。

しかし、最後にお店からのサプライズ
なんと塚田農場の主任に昇格。
名刺まで貰えました。

ということは、一見の私はそれまでヒラ社員だったのね(笑)

お店に通い詰めると、課長、部長、役員、社長になれるそうです。
さらにその上にヒミツの役職があるみたい・・・

確かに、男心をくすぐる仕掛けですね。
2013. 02. 20  
fc2blog_20130221183333c44.jpg

第9回目の会社訪問。
今日は、熱心な女性2人が来てくれました。

いつも最後に、採用担当のYさんと私で必ず座談するのですが、
私はそこで“ご乱心事件”を起こしてしまいました。

申し訳ありません。

ただ、暴力を振るったり、大声で怒鳴ったり・・・
という訳ではありませんので、誤解しないで下さいね。

今日の学生さんは、このブログを読み込んでいてくれたので、
本当に嬉しかった。

ありがとう。

まだまだ会社訪問は続きます。

と言いつつ、そろそろ応募書類のご送付もお願いしま~す。
2013. 02. 19  
私が事務局を務める愛知県特定計量証明事業協会の技術者検討会でした。

「分析技術者から見た業界団体の役割とは?」というテーマを
設定しましたが、難し過ぎました。

分析技術者や管理者が出席する検討会なので、
「設備メンテナンスは?」とか
「ヘリウムガス不足への対応は?」という内容の方が話に花が咲きましたね。

環境分析関連の業界団体の目的は、
「情報交換と技術の研鑚」であるとよく言われています。

しかし、現実には大きなギャップがあることも暗黙知。

検討会では、

 ・・・・

 ・・・・

 ・・・・

 ・・・・

と沈黙する場面も多くありました。

それでも、事務局という立場ながら、自分なりの気づきも。
今後を考える上では、かなり参考になりました。

参加された皆さん、お忙しい中ありがとうございました。

次回は、総会でお会いしましょう
2013. 02. 18  
ブログを始めて2年が経ちました。
2年も続けていると、さすがに習慣化するものです。
“真似ぶ”ことがキッカケとなってスタートしました。

「石の上にも3年」ということわざがあるので、
あと1年続けると新しい価値が生まれてくるのかな。

ブログを始めてから1年が経過した頃に、アクセス数が急増しました。
ブログの目的や目標が「アクセス数UP」ではないのですが、
いい結果が出ると、素直に嬉しいですしヤル気が出てきます。

私が最も嬉しいことは、
「ブログ見てますよ。」とか「ブログのあの記事の・・・」って、
このブログが話題になった時。

社交辞令かもしれませんが、それでも嬉しいんです。
「頑張ってよかった」って。

これからもよろしくお願いします。
2013. 02. 17  
fc2blog_20130218003936ad7.jpg

「芸術は爆発だ」
子供の発想は実に豊かです。

最近は、毎日のようにブロックで遊んでいる娘。
ブロックで作る作品が本当に面白いのです。

こんなハイセンスな美しい作品を創ってくれたので、
思わず写真を撮りました。

他にも娘の作品を紹介します。
2013. 02. 16  
ITシステム関連の工事の立ち合いで、休日出勤でした。

数年前に描いたITシステムの目指す姿。
一歩一歩、その目指す姿に近づけてきました。
そして、その中の一つが今日の工事で実現。

構想を含めると3~4年ぐらいかかったかな。

しかし、まだ実行できていないことも多く残っています。

さらに一歩ずつ目指す姿に近づけます。

ITやデジタル技術は、アナログを強化するための重要なツールの一つ。
「ユニケミーが変えてはいけないことを変えない為に、
 何を変えていくのか?」

その仮決めした答えの一つが、
fase to faceなどのアナログを強化するためのIT強化なのです。
2013. 02. 15  
fc2blog_2013021722552198e.jpg

第8回の会社訪問でした。
会社訪問は1月中旬から週2回ほどのペースで続いています。

今日は、どのチームもサンプルの受入が多く、
また、納期が迫っていた試験が重なっていました。
そのため、試験室の社員はバタバタ。

説明してくれる社員を探すのが一苦労でしたが、
こちらの方がむしろリアリティーがあったと思います。

いつも納期に追われながら、分析・試験を行うことの方が多いですからね。

会社訪問の申込みをまだまだ募集しています。

学生の皆さん、是非ユニケミーへ会社訪問に来て下さいね。
2013. 02. 14  
fc2blog_2013021510313593b.jpg

今年のバレンタインデーは、本命チョコを2人から頂きました。

ただし、チョコは1つだけです。

そうです。
妻と娘からのバレンタインチョコでした。

朝、会社へ出掛ける前に娘から、
「はい、パパ、チョコね」って。

ありがとう。

ただし、娘はこのチョコの行方をかなり気にしているみたい。。。

週末にみんなで食べようね。
2013. 02. 13  
管理職以上が集まり、人事評価制度のレビュー会を開きました。

新しい人事評価制度がスタートして約1年。
さまざまな問題や課題が出てきています。

それを共有して、これからどうやって解決していくかを
自分たちで考え実行することが目的です。

企業風土が肥えていなければ、
制度や仕組みがどんなに素晴らしくても、全く機能しない。

最近は、原点に返りその本質をよく考えるようになりました。

その本質とは、
「経営者と社員、社員と社員との信頼関係が無ければ、
 どんなに制度や仕組みを整えても機能しない。」

経営体制が変わり、制度や仕組み、ルールに関する議論を通じて、
信頼関係を構築していくことが一番の目的です。
2013. 02. 12  
研産協の検査・分析専門委員会に参加しました。
今年度の活動は残り2回。

右も左も分からず今年度から参加している私ですが、
メンバーの皆様に支えられて、何とか1年間を終えられそうです。

さて、委員会の中で委員長からこんな質問が投げられました。
「なぜ、研産協の検査・分析委員会に参加しているのか?」

業界活動の目的と本質を問い質している私にとっては、
非常に厳しい質問です。

会社としての見解と個人的な見解では、
それぞれ異なってしまうことも受け入れなければなりません。
表と裏もあることでしょう。

「情報交換」とか「技術の研鑽」、「交流」というような
最もらしい発言ができなかった私。

何を隠そう真剣に悩んでいて明確な答えが仮決め出来ずにいるからです。

業界活動の目的と本質。
走りながら悩み考え抜きます。
2013. 02. 11  
DSC06599.jpg

昨日の姪っ子の初節句に刺激されて、娘のひな人形を飾りました。

妻は、娘と一緒にひな人形を準備することがとっても楽しみでした。
初節句の時、一緒に飾り付けられるようにと、
悩みに悩んで買ってもらった5段飾りです。

昨年は、娘はまだ分別が付かず、さらに妻はツワリで苦しんでいたので、
私一人で準備しました。


4回目の桃の節句となった今年、ようやく実現しました。

夢が実現し、わが家の女性陣はとびっきりの笑顔です。

息子の初節句の準備もそろそろかな。
2013. 02. 10  
IMG_1691.jpg

姪っ子が1歳の誕生日を迎えました。

1歳の誕生日と初節句のお祝いで、姉の家に家族が大集合。
大人と子供、合わせて12人で楽しい時間を過ごしました。

1歳の誕生日ということで、一生食べ物に困らないようにと
「一升餅」を背負わせました。

お昼から始めて、大人は話に花を咲かせ、子供は遊びに夢中になっていたら、
いつの間にか夜に・・・

その話の中で、じーじが運転手となり、
女性陣と子供だけでディズニーへ行く計画が浮上。

じーじ、頑張れ~。
安全運転でいってらっしゃ~い
2013. 02. 09  
土曜出勤日を利用して、社長主催で全社的なミーティングが行われました。
このようなミーティングを定時時間内で行うのは初めてです。

これから2ヶ月に1回程度を目標にこのようなミーティングが開催されます。

今回のテーマは「話を聞く」ということ。

「話を聞く」ということは「相手を受け入れる」こと。
本当の意味で相手を受け入れるということは、
実に難しいことなんです。

それは、心の中でもしっかりと相手を理解してあげること。

私自身、相手の話を聞いていて、
すぐに話の腰を折ってしまいますから、
心の中でも相手を受け入れるということは難題です。

でも少しずつ訓練してそういう力を付けていこうという試み。
目的や本質により近い議論をするための第一歩です。

午後からは、「たばこ会議」も開かれました。

地域住民、7割の非喫煙社員に対して、
どのように対応して、合意を得るのか?
そして自分たちで決めたルールを自分たちでどのように維持するのか?

最終的には経営層の判断となるのですが、
これは「自分たちの問題を自分たちで解決し維持する」ことが求められます。

「自ら考え協力して自ら行動する会社」を目指すための第1歩です。
2013. 02. 08  
今日、予定外の出来事が起こりました。

私は“A”という行動を起こしたい。
けれども相手の立場に立って考えた時、
それが逆に迷惑となり、ただの自己満足になってしまうのでは・・・

悩みましたが、今日はあえて何も行動しないという“B”を選びました。

夜は、千年経営研究会の月例会。
この件であまり気持ちが乗らずキャンセルしようかと。
しかし自分の決断に自信が持てず、モヤモヤした気持ちを、
誰かに聞いて欲しいという思いで、1時間以上遅れてメンバーと合流。

結局、月例会の中でお話することはできませんでしたが、
亀井さんをお送りする車中で胸の内を聞いて頂きました。

すると、“A”も正しい、“B”も正しい。
だから“A”も“B”も考慮して、“AB”にする。

つまり、例え話を交えながら“C”という方法をアドバイスして頂きました。

なるほど!
モヤモヤがすっきりして腹落ちしました。

その他にも、色々なお話を聞いて頂いて、
素敵な車中となりました。

一日遅れてしまったけれども、明日早速“C”を実行します。
2013. 02. 07  
fc2blog_20130207211013232.jpg

スコラさんの経営者オフサイトミーティングに参加しました。

私は、「オンリーナンバーワン経営」というテーマを選択。

1使命、2価値、3主力商品・サービスについて、
それぞれが語り合いました。

書き出したらホワイトボードが凄いことに・・・

経営者オフサイトに参加して3年目。
経オフだけでなく、社内のオフサイトや強みミーティング、ラボツアー、
そして同業者や異業種交流を通じて、
思いの部分が随分具体的になってきたと実感しています。
2013. 02. 06  
fc2blog_20130207105806b5d.jpg

第5回会社訪問でした。
今日お越し頂いた学生さんは、本当に運が良かった。

いつものようにラボツアーで試験室を見学していると、
営業部のWさんを発見。

営業担当はほぼ毎日、朝から夕方まで外出しています。
しかし、一時的に帰社し試験室にいたWさんを捕獲!

営業から見たユニケミーを語ってもらいました。
「今は、地域で一番の分析屋であるという自信を持っているが、
これからはある分野で日本一を目指していく。」
ユニークなケミストリー、ユニバーサルなケミストリーという
ユニケミーの理念をしっかり語ってくれました。
2013. 02. 05  
昨日、あるお客様からお電話を頂きました。
「急なのですが、明日ユニケミーさんを見学したいんです。」

このお客様の業務には、私も担当者として関わっているので、
急なお話だっただけに、何か大きなコトがあって抜き打ち監査?
という悪い予感が・・・

技術部のFさんとガチガチに緊張して、お客様を出迎えると、
「構えられていたら恐縮なのですが、『分析』ということが
 専門外で全く分からないので、勉強のために見学したいだけなんです。」

ホッと、ひと安心。

そんな中で、ラボツアーが始りました。

主にFさんの説明でご見学して頂いたのですが、
最後にご案内したGC/MS(ガスクロマトグラフ質量分析計)と
IC(イオンクロマトグラフィー)は、Kくんにも頑張ってもらいました。

さて、これまでの練習の成果は???

お客様は、理化学検査や分析に対して専門外でしたが、
技術者であり理系的観点をお持ちの方です。

しかし、総じて検査・分析の概要を理解して頂くということは、
非常に難しかったようです。

お客様の“知りたい”というニーズに応えるためには、
まだまだ工夫が必要ですね。

私を含め技術者は難しく説明してしまうことが多いので、
難しいことを噛み砕いて簡単に説明する“技術”を習得しなくちゃ。

接遇やおもてなしの向上に向け、私にとって初の本番でした。

これから一歩一歩成長していきますよ。
2013. 02. 04  
601215_344978462282632_820480454_n.jpg

昨日、岐阜大学バドミントン部のOB会に参加しました。

社会人になってもう10年目。
OBとなった後輩が誰なのか分からなくなってきました。
もちろん、現役学生は全く分かりません。

そろそろOB会の参加も引退かな。
そんな引き際を感じています。
2013. 02. 03  
fc2blog_20130205004433ac0.jpg

今年の恵方は南南東。
節分の今日は、豆まきの後家族で恵方巻きと豆を食べました。

恵方巻きの起源や発祥、その意味などは定かではないらしいのですが、
願い事など幸せを祈る風習であることは間違いなさそうです。

今年4月から娘が幼稚園へ通い始めるので、
お友達がたくさんできるといいね。
2013. 02. 02  
IMG_1614.jpg

父が購入した車が納車されました。

購入した車は日産のルークス(ROOX)です。
この車は、スズキがOEM生産していて、パレットという車と同種。
ただし、日産がOEM先をスズキから三菱自工へシフトさせているので、
ルークスは今年3月で生産が終了します。

今年のお正月、私と娘でディーラー巡りに付添いました。
父はかなり悩んでいると思っていたのですが、
実はその直後に契約していたそうです。
2013. 02. 01  
fc2blog_201302021214574c8.jpg

2014年度新卒採用、第4回の会社訪問でした。

今日は、2名の学生さんにお越し頂き、
ほぼ全ての試験室を見学してもらいました。

普段に比べて、試験室に静けさが漂っている・・・
「淡々、黙々」とした感じ。
月末で水質分析の受け入れが落ち着いていたこともあったかな。

さて、いつも会社訪問の最後に、
学生さんから質問を受けたり、座談する時間を設けています。

必ずいつも私からお話しすることは、
「多能工化と多機能工化」

そしてこれが、ユニケミーの強みを伸ばし、
「お客様本位」を体現するために強力な手段であることを伝えています。

興味のある学生さんは、是非ユニケミーへ見学に来て下さいね。
お待ちしております。
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム