2012. 11. 30  
千年経営研究会の名古屋会でした。

第40期東京PEC会トレーナー養成講座の二発合格の報告です。

思い返せば、この研修に参加するきっかけとなったのは、
千年経営研究会でした。

第38期、第39期でコーディネーターを務められた
K社のKさんのご紹介だったんです。

そして、千年経営研究会の会長であるM社のN社長の社員さんも、
40期で2名の方が参加さており、私の同期生です。

今回も試験前だった前回と同様に、
PECさんの研修に関する話題で盛り上がりました。

ただ、今回はこの研修に対して、経営者という視点からの議論だったので、
ど真ん中で研修生として参加していた私には、
新鮮な議論で視野が広がりました。

名古屋会にスペシャルゲストとして参加されていた岡崎会のM社長から、
「研修費用は高いけれども、研修を終えて、
それからずーっと、毎朝大きな声で挨拶してくれるなら、安いよね。」

もちろん今回の研修で学んだことは、改善なんですが、
まさにその通りです。

大きな声で挨拶ができる社員が増えれば、
改善の根も自然に広がっていきますね。

私もそうなのですが、
「毎日、社員が大きな声で 挨拶できる明るい会社を作りたい」
そう考えている経営者は多いはず。

そして、そのために私が気づいたことは、
「まずは自分が変わること」だったんです。

だからPECさんの研修は、
会社のトップや幹部クラスから参加することを原則としています。

上司が変わらないと、部下は変わらないし、変われませんからね。

厳しかった研修も、12月の修了式を残すのみ。
ちょっとさびしい気がしますが、
これから自分自身へのフォローアップが大切です。

つまり、ユニケミーにどう活かすかということですね。
2012. 11. 29  
fc2blog_20121129154531210.jpg

東京の港区赤坂にある
独立行政法人 日本貿易振興機構(JETRO)を訪問しました。

ユニケミーもいよいよ海外進出!?

ではなくて、研産協の検査・分析委員会としてのヒアリング調査です。

EUー韓国のFTA発効後の最新の動き、日本ーEUのEPAの動向、
そして、衆院選の争点の一つともなっているTPPについて、
訪問調査を行いました。

小難しい話題ですが、来年2月までに、今回の訪問調査を
報告書に纏める役割を仰せつかったので、しっかりと勉強しなければ。。。

それにしても、研修の疲れが否めない。
社会人失格だ〜
2012. 11. 28  
fc2blog_201211282336149b1.jpg

第40期東京PEC会トレーナー養成講座 第5ステップの2日目が終了しました。

気になる修了試験の結果は・・・

残念ながら、4科目中3科目は合格しましたが、実技試験が不合格でした。
一発合格ならず・・・ですが、全くの力不足なので仕方がないです。

「失敗は成功のもと」
「成功は失敗のもと」

そう思って自分を戒めます。

筆記試験とインストラクション試験には、右脳勉強法の効果が出ました。

さて、研修生43名の中で一発合格はたったの6名のみという難関でしたが、
私のC班から2名もの仲間が一発合格者
また、工場を見学させて頂いた兼希工業の細渕さんと瀧澤さんが、
お二人とも一発合格

これはホント嬉しかったな〜

特に同じC班の細渕さんが一発合格と聞いた時は、
第4ステップの模擬試験の結果がかなり思わしくなかったと伺っていたので、
涙が出るほど嬉しかったです
「ナイスリカバリー」と「成長力」に脱帽。

不合格の追試は、12月に実施されるのですが、
幸い私が不合格だった科目のみ試験結果発表後すぐに追試を行って頂けたので、
追試で合格となり、全科目において合格することができました。

研修の帰り道、今日は空港に泊まり、明日の朝の便で
出向先のタイに戻られる同じC班のSさんをセントレアまでお送りしました。

名古屋名物が食べたいというリクエストにお応えして、
ベタにセントレアの元祖味噌かつ「矢場とん」でプチ反省会。
地元の私が逆にご馳走になってしまい恐縮です。
ごちそうさまでした。ありがとうございました。

山田先生、PECの皆様、コーディネーターの皆様、研修生の皆様、
そしてC班の皆様、本当にありがとうございました。

多くの仲間の皆様に支えられて、励まされて、
何とか合格を決めることが出来ました。
重ねて御礼申し上げます。

12月に追試を受けられる研修生の皆様、もうひと踏ん張り
12月はみんな揃って修了して、打ち上げでガンガン盛り上がりましょうね。

最後に、この半年間の改善活動や不在時を支えてくれた社員の皆様、
また陰ながら支えてくれた私の家族に、心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

さあ、修了式でまたお会いしましょう。
2012. 11. 27  
第40期東京PEC会トレーナー養成講座 第5ステップの1日目が終了しました。

私の班は、班長不在のもと、今日一日の全体進行の担当班でした。
そんな中、班長代理となったTさんの素晴らしいリーダシップで、
何とか終えることが出来ました。

Tさんをはじめ皆様、本当にありがとうございました。

さて、修了試験は全4科目中、2科目が終了。
あらためて一発合格の難しさを思い知らされました。

まだ、明日2科目残っていますので、
モラール高く力の限りやれるだけ精一杯やり抜きます。
2012. 11. 26  
いよいよ明日から第40期東京PEC会トレーナー養成講座の
第5ステップがスタートします。

いよいよ、修了試験本番です。

しかし、C班から2人もリタイアしてしまいました。
非常に残念ですが、断念せざるを得なかった2人の仲間ためにも、
残りのみんなで最後までやり抜く覚悟です。

私のC班は、明日が全体の進行係で担当班。
試験と共にダブルパンチですが、精一杯頑張ります。
2012. 11. 25  
DSC06369.jpg

第40期東京PEC会トレーナー養成講座の第5ステップ 修了試験が、
いよいよ2日後に迫ってきました。

今日は午前中から、会社にこもって勉強しています。
自宅では、子供たちの相手で一日が終わってしまいますからね。

自信は無いですが、ここまで来たらもうやるしかない。

ちなみに、不合格となった場合は、
もう1ヶ月後に追試験がある模様・・・

いやいや、そんなことは考えず、時間の許す限りやり抜くかー!
2012. 11. 24  
IMG_1181.jpg

妻が友人の結婚式に列席したため、2人の子守でした。

生後2ヶ月の息子は、まだ3時間に1回の授乳が必要なため、
私は近くで待機していなければなりません。

先月も、妻が友人の結婚式に出席して、
こんなシチュエーションがあったような。。。


ただ、前回との違いは、結婚式場にキッズルームのような場所が無いこと。
そして、私の母の都合が悪く、娘を預けられなかったので、
子供2人の面倒を見なければならなかったことです。
2012. 11. 23  
fc2blog_20121123222541f32.jpg

3歳の娘は、来年の4月から幼稚園に入園します。
早いものです。

現在、週に1度、入園予定の幼稚園の幼児教室に通っています。

今日は、その幼稚園の「造形展」に行きました。

娘はすでに慣れていて、教室のある場所まで私を案内してくれるほどです。

多くの親子連れで大混雑。
2012. 11. 22  
fc2blog_20121122211315ef2.jpg

勉強してま~す。

が、なかなか頭に入っていかない。。。

年かな?

いやいや、40期の同期生は、確実に私より年上の方が多いはず。
私の方が年下の分、有利なはず・・・

それにしても、厳しい状態。

この難局、乗り越えられるのか?


あっ、来週に迫った第40期東京PEC会トレーナー養成講座の修了試験のことでした。
2012. 11. 21  
fc2blog_201211211640099a4.jpg

福井県敦賀市を訪問した愛特協の施設見学会の帰路で、
滋賀県長浜市木之本に立ち寄りました。

鶏足寺(旧飯福寺)の紅葉を観るためです。

紅葉には絶好のシーズンで、木之本に有名な所があるという情報を入手して、
急遽、足を運ぶことになりました。

普段はとっても静かな山里であることを誰でもが想像できる風景。
しかし、紅葉のトップシーズンだけあって、
平日にも関わらず多くの人で賑わっていました。
2012. 11. 20  
fc2blog_20121120160819ea2.jpg

私が事務局を務める愛知県特定計量事業協会の施設見学会で、
福井県敦賀市にある若狭湾エネルギー研究センターと、
原子炉廃止措置研究開発センター(新型転換炉「ふげん」)を見学しました。

集合場所の金山駅をバスで出発して早々、
名神高速の岐阜羽島ー大垣間で事故渋滞に巻き込まれ、
1時間半も足止めされるというアクシデントで出鼻を挫かれました。
結局、30分遅れで若狭湾エネルギー研究センターに到着。

そんな前途多難かと思われた見学会でしたが、
施設見学は充実したものになりました。
2012. 11. 19  
fc2blog_20121119215812dbf.jpg

いよいよ来週に迫った第40期東京PEC会トレーナー養成講座の
修了試験に向けて、インストラクション試験の練習です。

営業部のNさんにお願いして生徒役になってもらいました。

結果は、ボロボロ。
自分自身でも不合格の自信があります。

あと1週間、何とか改善せねば・・・
まずは、筆記試験の勉強も兼ねて、
頭だけでなく体でシナリオを再度覚え込みます。

生徒役になってもらったNさんからのアドバイスが的確。
図星だらけで、的を得ていました。
一人の練習では気づき難い所もしっかり指摘してくれて「ありがとう」

試験直前に成長した姿を見せようと思ったら、
Nさんは新婚旅行で長期休暇。
日本にいないみたいです。。。

旅行から帰ってきたら、いい報告ができるように、
しっかり練習します。

Nさん、ありがとうございました。

新婚旅行楽しんできてくださいね。
お土産よろしく~(笑)
2012. 11. 18  
DSC06292.jpg

娘の七五三詣と息子の初宮詣で、熱田神宮へ行きました。

七五三でかなり混雑していると思っていましたが、
それほどでもなくスムーズでした。

娘は、9月に写真撮影したスタジオで衣装を借りておめかし。

午後から熱田神宮へ向かい、私の父と合流しました。

60年前、父は自分の七五三の時に、
初めて父親からお菓子を買ってもらったそうです。
それが熱田神宮の千歳飴。

だから、七五三には思い入れがあって、
孫に千歳飴を買ってあげたかったということで、
父が一緒に来てくれました。
2012. 11. 17  
IMG_1122.jpg

娘と二人でインフルエンザの予防接種を受けました。

娘は、出かける前から、
「注射大好き!」と子どもらしくない発言。

その言葉の通り、娘は終始ご機嫌で、
難なく注射をクリアしました。

いつになっても注射は嫌なものです。
私の方が憂鬱になっていました。
インフルエンザは、接種後に腫れて痛みが出るので、特に嫌いです。

決死の写真撮影でした。
2012. 11. 16  
今後のITシステムの方向性を伝えるため、
久しぶりにIT・OAミーティングに参加しました。

IT・OAミーティングが立ち上がってもうすぐ2年。
部門横断型で、対話のプロセスを重視してきました。
時間はかかりましたが、いよいよ実行の時が近づいています。

以前より、メンバーの話し合いのレベルが上がっていて、当事者意識も強い。
次の課題までも明確になっています。

これから、社員主導でどんどん新しい実行の風が吹きそうです。

楽しみが一つ増えました。

ITやデジタル技術は、Face to Faceを補完し、
アナログをより強化する重要なツールの一つと考えています。

これは矛盾なんかじゃありません。
2012. 11. 15  
DSC06275.jpg

第40期東京PEC会トレーナー養成講座 第5ステップまで、
あと12日となりました。

第5ステップは・・・修了試験です。

修了試験は、
筆記試験・インストラクション試験・実技試験・自社改善実績の4科目。

今日は、その中で「自社改善実績」の発表資料を作成しました。

研修を振り返り、あらためて改善を纏めてみると、
すでに今・現在が“当たり前”になっていることに気づきます。

「数ヶ月前、よくこんな流れ・やり方でやっていたよな~」

改善効果を「効果金額」という形で集計。

・・・

でもやっぱり本当の効果は、自分と社員自身の心に問いかけて、
“改善仲間”が増えたかどうかかな。
2012. 11. 14  
DSC06269.jpg

最近、3歳の娘はご近所さんから頂いた算数セットの数え棒がお気に入りです。

いろいろな遊び方がありますが、
ままごとでストローや箸に見立てて遊んでいることが多いです。

そんな中、昨日、娘はあることをやらかしてしまいました。

子供の世界は、大人の予想をはるかに超えています。

その光景を見た時、妻と二人で大笑いしました。
2012. 11. 13  
fc2blog_201211132112576c0.jpg

2週間後に迫った第40期東京PEC会トレーナー養成講座の
修了試験に向けて勉強中です。

今日は、インストラクション試験の作戦を練りました。

目下、修了試験に向けた準備ですが、頭の片隅では、
研修で学んだことをユニケミーでどう活かすかということも考えてしまいます。

基本原則に従うだけで、多くの部分はどんどんよくなるのですが、
将来のめざす姿や技術サービス業にどう応用するかなど。。。

研修参加が目的ではないですからね。

すると、勉強中にこんなキーワードを見つけました。

「『兎追い』
  1つのラインで2人、または3人で多工程をもち、
 同じように、動きをくりかえすこと。
  また、引取り用に何台かのトラックが同じ経路を巡回して、
 セット運搬をすることなどをいう。」

(「トヨタ生産方式をトコトン理解する辞典」
  山田日登志 著、日刊工業新聞社)

ユニケミーに合っているかもしれない。

ピンと直感が働きました。
2012. 11. 12  
先週の日環協経営者セミナーで、「中国古典『易経』に学ぶ経営学」と題して、
易経研究家の竹村亞希子さんの講演を聴きました。

私の祖父は「易」にとても詳しかったようで、父もよく知っています。
しかし、私は「易」に触れる機会が全くありませんでした。

Wikipediaによると、易経とは・・・
「古代中国の占筮(細い竹を使用する占い)の書である。
 符号を用いて状態の変遷、変化の予測を体系化した古典。
 中心思想は、陰陽二つの元素の対立と統合により、
 森羅万象の変化法則を説く。」

難しい感じもしますが、
竹村さんのお話はとても分かりやすく参考になりました。

中でも「兆しと時中」、「龍」のお話は興味深かったです。
2012. 11. 11  
IMG_1119.jpg

11月9日は父の65歳の誕生日。

少し遅くなったけれども、誕生日プレゼントを購入して父に届けました。

毎年やってくる両親の誕生日は、正直悩みのタネなんです。
そんな状況なので、ノープランで娘とイオン大高へ出掛けました。

そして、ブラブラと店内を歩いていると、時計屋さんを発見。

父が仕事用のフォーマルな時計以外に、
ラフな時計を持っていないことに気づきました。

最近、休日は庭仕事に没頭しているので、
水に強くて、タフな時計・・・

そうです。G-SHOCK

老眼でデジタルは読めないと思ったので、針式を購入しました。

使ってもらえるのか、かなり不安。
まあ、使わないのならば、G-SHOCKファンの私なので、
将来もらってしまおうということで。。。

しかし、心配無用でした。

庭仕事の時に使っていた安い時計が、ちょうど壊れてしまっていたそうです。
ちょうどよかったみたい。よかったです。

お父さん、誕生日おめでとうございます。

今年は節目の年となりますが、これからもよろしくお願いします。
2012. 11. 10  
DSC06204.jpg

名古屋市東区にあるラ・グランターブル ドゥ キタムラで行われた
結婚式に列席しました。

新郎はユニケミー営業部のNさん。
新婦はユニケミー技術部のTさん。
そうです。社内恋愛からのゴールインです。

そのお二人が今日、新たなスタートラインに立ちました。

かなり緊張していた様子でしたが、とっても幸せそう。
そして、私も多くの幸せを感じた一日でした。

ユニケミーで働くという「ご縁」から、新しい「ご縁」が生まれる。
私にとって大きな喜びの一つです。
2012. 11. 09  
fc2blog_20121110102232ca8.jpg

三重県四日市市で開催された日本環境測定分析協会の
経営者セミナーに出席しました。

昨日のウェルカムパーティーに続き、今日がセミナー本番です。

特に楽しみにしていたのはディスカッション形式の分科会。
私は「分析事業継続のための取り組み」をテーマとした
セッションに参加しました。

同業で同じような悩みを持つ経営者のお話を伺えて、とても勉強になりました。

さて、ここからは私の考えであって、誰かを批判するものではありませんし、
正解はないことですので、これを前提に読んで頂けたら幸いです。

まず「分析事業継続のため・・・」
分析事業の継続を目的としたら、分析事業は続かないと考えています。
分析事業は一つの手段。お客様を幸せにするための手段です。

お客様を幸せにするために、理化学分析のプロとして何ができるのか?
私が考えているのはこの問いです。
理化学分析が世の中に必要とされなくなったら、その事業を捨てるしかない。

検査・分析事業の本質は、お客様の立場に立って私なりに考えた結果、
「検査・分析が不要となること」
これがお客様の究極なニーズ。

検査・分析が無くても、安全・安心な製品やサービスが提供でき、
安全・安心な社会になる。

私たちはそういう世の中に少しでも近づけるためのお手伝いをするのが使命。

それに向かい一心不乱に努力を重ねていけば、
結果的に分析業界の市場は大きく成長すると考えています。

理化学分析技術を必要としているところは、
潜在的にもっともっと多く存在する。

さらにそれが社員の幸せに繋がる。

このセッションで、あらためて自分自身の頭の中が整理できました。


午後からは、全体で基調講演。
「易経から学ぶ経営学」と「地震考古学」のお話。

「歴史」と「自然」に学ぶこと。
いつの時代も普遍的なことですね。

充実した一日でした。

運営に関わられた多くの皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。
2012. 11. 08  
明日は、三重県四日市市で開催される
日本環境測定分析協会の経営者セミナーです。

今日はその前夜祭で、ウェルカムパーティーが開催されました。
社長、専務、私と3人での参加。

今回は、初めての試みとして、
午前中のセッションに分科会が実施されます。
3つのテーマに分かれて、ディスカッション形式で討議。
楽しみにしています。

毎年、全国から参加者が集まらず苦労されていたそうですが、
この新しい試みに大きな反響があり、
今回は定員オーバーで申し込みを締め切らざるを得ないほどだったそうです。

本番ですが、このチャレンジにあっぱれですね。

明日が楽しみです。
企画が成功しないと次回に繋がりませんから、
私も私らしく、本音でディスカッションに臨みます。
2012. 11. 07  
fc2blog_201211081110377c9.jpg

11月の日経トップリーダーに、恩師であり企業風土改革の師匠でもある
ISOWAの磯輪社長の記事が掲載されていました。

経営に対して、どちらかと言えば後向きで自信が無かった私に、
企業風土改革を添えて、勇気と希望、そしてやりがいを気付かせてくれた方です。

ISOWAさんも磯輪さんも、とってもオープンでフレンドリー。
そんな所が大ファンなんです。

最近、メディアの登場が増えている磯輪さん。
当然と言えば当然で、自然な流れだと考えていますが、
その本質を学ぶには、人の成長といい風土を作るという
執念が必要だと考えています。

この記事の次ページは、PECの山田先生の連載記事。
なんと第40期東京PEC会トレーナー養成講座の同期生で、
我が班の班長であるN社のMさんの記事ではないか。

山田先生と2ショットで大きな写真が掲載されています。

全国紙で隣り合わせにご縁の深い方が紹介されていて、
なんだか嬉しくて、あらためて素晴らしいご縁に感謝です。
2012. 11. 06  
DSC06184.jpg

第40期東京PEC会トレーナー養成講座が7月に始まり、
自社の改善活動で重点を置いた一つが、器具洗浄工程です。

改善は、まだまだ道半ばですが、皆さん本当によく協力してくれました。

「自分とお客様・仲間のために、自ら考えて仲間とともに自ら行動する」
そんなユニケミーを目指していますが、
まずは「変えること、改善することって楽しい!」
そんなワクワク感を味わって欲しいです。

改善が進み始めた器具洗浄工程に、
ポリ容器乾燥工程のリードタイムを短縮する秘密兵器を投入しました。

ご褒美&チャレンジです。

事前に簡単な効果の確認試験は実施しましたが、
現実にはどこまで効果が得られるかは分かりません。

少々のワガママをお許しください。

変えることって楽しい!!
まずは実感、お試しです。
2012. 11. 05  
fc2blog_201211052046034fb.jpg

ユニケミーの親睦会であるPPb会から出産祝を頂きました。
みなさん、ありがとうございます。

結婚や出産、お悔みなどの慶弔金は、
会社からの支給のほかに、PPb会から頂けることになっています。

私は、会社から慶弔金を受け取る立場にありませんが、
PPb会は立場に関係のない親睦会なので、有難く頂きました

この親睦会は、会社や経営から完全に切り離されています。
社員が交代で役員となり、運営を任されています。
社員の給与から天引きされた会費が運営費です。

つまり、私はPPb会員の一人というだけ。
そんな訳で、有難くお祝い金を頂戴しました。

ただ、このお金は妻に献上され、
妻の管理のもと将来の息子に届けられるのでした。

私には、ネコババする勇気はありません。
小心者なので。。。(笑)
2012. 11. 04  
fc2blog_20121105054943919.jpeg

午前中、娘と2人で近くのスーパーへ買い物に行きました。

キャラクターカートを見つけると、一目散に向かっていきます。
お昼のピザシートを買うだけで数分の滞在なのに。。。

妻のお母さんが戻ってから1週間が過ぎました。

子供2人の生活には、私も妻もまだまだ慣れていません。

平日はほとんと妻が1人で世話している状態。
休日は、何もしていないのにあっという間に終わってしまいます。

朝起きて、朝食後に買い物。
お昼を食べて、娘と遊んだ後にお昼寝。

夕方に、娘と息子を相手して夕食。

夕食後は、お風呂に入れて、そのまま就寝。

親の苦労を身に沁みて感じています。

改善の修了試験まであと3週間!!
ヤバイ~

でも、家族が優先です。
2012. 11. 03  
fc2blog_2012110505491896a.jpeg

3歳の娘は、来年4月から幼稚園に入園します。

しかし、まだオムツを卒業できていません。
保育園では、トイレで用を足すことができる時もあったとか。

家ではまだ一度もトイレを使えたことがありません。
補助便座は、1年以上も前に購入したのに。。。

そこで、トレーニングパンツを購入。
効果があるのか分かりませんが、少し焦りはじめています。
2012. 11. 02  
ユニケミー周辺は名古屋市の液状化マップで、
「液状化の危険度が高い」と予想されています。

そのため、大規模地震発生時の液状化現象の相談で、
国土交通省中部地方整備局 名古屋港湾空港技術調査事務所を訪問しました。

北館、東館を建設した時の地質調査結果に基づいて、
専門家からアドバイスを頂きました。

東日本大震災以降、液状化現象やその対策が、
より注目されているそうです。

詳細に液状化対策を検討するには、まずは現状調査が必要とのこと。
しかし、この調査費用の概算を伺ったところとっても高額。
超高級車1台分ぐらい・・・。

現状調査や対策費用が高額だからと言っても、
事が起こってしまってからでは、取り返しがつかない。。。

とは言え、費用が高額過ぎる。

災害対策って難しいです。
2012. 11. 01  
fc2blog_20121102101608299.jpg

個包装の有無が決め手となり、パクッと食べ易いという理由で、
最近は、個包装が無いメントスをよく購入していました。

ハイチュウからメントスへ心変わりした私でしたが、
いつも通り金山駅のキヨスクでメントスを買おうとしたら、
「ハイチュウミニ」という商品を発見!

早速購入してみました。

個包装がなく、パクッと食べ易い私好みの商品です。

感想は・・・

次の日、メントスを購入している私でした。

ホント、人の心って理屈では語れない。

自分でも訳が分かっていないのだから。。。
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム