2012. 09. 30  
台風17号が愛知県に上陸しました。
被害が心配です。

そして、明日の内定式も心配です。

既に山は越えているようですが。。。
明日が台風一過の晴天となるよう祈っています。

今日は、台風の接近で一日自宅で過ごしました。

ゆっくり出来ましたが、落ち着かない一日でした。
2012. 09. 29  
IMG_0927.jpg

昨日までの研修で疲れている上に寝不足。
今日はゆっくり休もうと思っていましたが、やっぱりそうはいきません。

朝、娘から、
「パパ起きて~(×10回ぐらい)」
というモーニングコール。

そして、妻から
「オムツが無い」と言われ、娘とともに急いでオムツを購入。

午後からは、フォトスタジオで娘と息子の写真撮影。
もうすぐ3歳になる娘の七五三と息子の誕生記念です。

衣装決めから写真撮影、写真選びと4時間半の長丁場。

正直、疲れます。

衣装を着て写真撮影を見ていると、
娘ながら「モデルかっ!」
ってツッコミたくなります。

スタジオ内は、プライベート撮影禁止なのですが、
サービスでもらった携帯壁紙用の写真をちょっとだけ公開します。
2012. 09. 28  
2012092801.jpg

徳島県で実施された第40期東京PEC会トレーナー養成講座の
第3ステップが終了。

改善に終わりはありませんが、第40期のトレーナー養成講座は、
折り返し地点です。

今回も写真を撮る余裕がないぐらい過密&ハードスケジュールでしたが、
ちゃっかりC班の写真を撮りました。

慌てて撮影してあらためて見ると、
Tさんがいない。。。
師匠であるFコーディネーターもいない。。。

それなので、第2ステップの時と同様にお二人は特別仕様です。

これから、自社の改善をさらに加速させ、
改善の勉強も本気でやらなければなりません。

お客様、パートナー様、そして社員にとっていい会社を目指すために、
日々の継続的改善が必要不可欠です。

「やるぞー!やるぞー!やるぞー!」
2012. 09. 27  
第40期東京PEC会トレーナー養成講座 第3ステップの1日目が終了。

明日の2日目は、今日の改善成果発表会で発表者です。

現在、自分の部屋で4分間の発表を10回練習。
まだまだなので、あと10回練習します。

現在、深夜なのにテンションMAX

明日はモラール高く発表します。

ということなので、今日はこれで。。。
2012. 09. 26  
fc2blog_2012092623080219e.jpg

徳島名物「すだち」です。

第40期東京PEC会トレーナー養成講座で徳島入りしました。
明日から2日間、第3ステップの研修です。

移動中は、今までの遅れを取り戻すべく、必死に勉強しました。

今日は、前回同様、夜からの作戦会議と飲み会です。
メンバーの皆さんから多くの刺激を受けつつ、
お会いして何かホッとします。

明日からの研修に向け、今日はもうお休みなさい。
2012. 09. 25  
fc2blog_201209261013082d1.jpg

第40期東京PEC会トレーナー養成講座の第3ステップに向け、
明日から徳島です。

同期生や研修をサポートして頂いている方にお会いできることが、
楽しみの一つ。
厳しい研修ですが、出発前からワクワクします。

しかし、ブルーなことも。。。

それは「準備」

準備と言っても2つあります。

一つは、荷造り。
2泊3日ですが、とにかく荷物が多いです。

教材、トレーニングウエア、シューズ、作業着、改善道具・・・
カバンはパンパンです。
忘れ物が無いか心配で心配で。。。

でもこれはまだいいんです。

もう一つの準備である自社の改善活動と改善トレーナーになるための勉強。

自社の改善活動は、12月までの目標に対しては3パーセントの達成率。
また勉強については、目下、修了試験に向けての準備が
自分の中で満足に出来ていない。

だからブルーなんです。
何か心に引っ掛かっている感じです。

ワクワクとブルー。

圧倒的にブルーが強いです。
2012. 09. 24  
9月に経験者採用で入社した技術部Hさんの新人教育がスタートしました。

実に1年3ヶ月ぶりの新入社員教育です。
ということは、1年3ヶ月ぶりの正社員採用。

いつの間にか、もうそんなに間が開いていました。

業務の都合で少し遅れてのスタート。
しかも変則的なスケジュールです。

今日は管理部で、導入教育。
各種の申請や全社的活動、業務フローなどについて説明しました。

経験者採用の方は、これまでの様々な経験や、
素直な視点から見たユニケミーの印象について聞けることが楽しみの一つ。
とても勉強になり、お話は新鮮です。
客観的に見たユニケミーの強みや弱みを知ることもできます。

久しぶりの新人教育で、楽しい1日となりました。

これから11月までの間に、営業部や技術部の配属課以外での研修です。

Hさん、ようこそユニケミーへ。
慌てず慌てず着実に進んで行きましょうね。

また「いい会社づくり」の仲間が一人増えました。

よろしくお願いします。
2012. 09. 23  
IMG_0900.jpg

我が家のプリンターが新しくなりました。

けれども、前向きな購入ではありません。

6年使った今までのプリンターは、何の不満も無かったのですが、
インクヘッドが詰まってしまい修理が必要に。

インクが独立型のプリンターは、ランニング費用が安い反面、
初期の購入価格が高くだけでなく、
インクヘッドの詰まりによる故障が比較的多いそうです。

家電量販店に行くと、
修理する代金と新しいプリンターを購入する価格が変わらないとか。。。

プリンターのインクってかなり高いですよね。
だから、せめて今使っているインクをそのまま使えないか聞いてみると、
もう新しい機種に切り替わっていて使えない。。。

・・・・

「いいもの長く」
修理を選択しようとしていました。


全く別の話ですが、父から自宅用のパソコンを頼まれていたので、
自宅近く家電量販店をいくつか巡りました。

ただし、大手家電量販店のYは、店員の対応があまりに酷いことが続いたので、
安くても私は絶対に買いません。

自宅周辺にあるY以外の家電量販店で品定め。

残念ながら、「この人から買いたい!」という店員さんには巡り合えず。。。

結局、パソコンとプリンターとの同時購入で、
どちらもかなり安くなったので、思い切ってプリンターも買い換え(苦)

理由は、「安さ」だけ。。。

面白くないな~。

安さを売りにする家電量販店が増えているけど、
インターネット販売に価格は負けているし、
店頭に行っても気持ちよく買い物できない。

店頭では、相変わらずメーカーやインターネットの販売員が、
見え見えで言い寄ってくる。

「いいもの安く」は、企業も個人も今の時代に合ったニーズなんだろうけど、
こんなことじゃ日本の閉塞感は打破できないと思います。

モノやサービスに「心」が入っていないですからね。

寂しい。。。
2012. 09. 22  
妻のお母さんとの同居生活が始まり、1週間が過ぎました。

自宅の世話とお父さん、そして休養のため、
お母さんは土日だけ多治見の自宅へ帰ります。

それぞれのストレス?

無いと言ったらウソになりますが、
「親しき仲にも礼儀あり」
という言葉が身にしみて感じます。

これからは年末にかけて、仕事がパニック状態の私。

不安?

無いと言ったらウソになります。
2012. 09. 21  
東京PEC会トレーナー養成講座の第3ステップに向けて、
ユニケミーにおける改善活動をまとめています。

これまでは、活スペースの確保を中心とした改善活動だったので、
不要品の撤去やレイアウト移動でスッキリとした場所は、
変化したことがはっきり分かります。

しかし、効果の算出したところ、目標にはまだまだほど遠い。。。

その理由として、そもそも活スペースの確保だけでは、
目標達成に対して貢献度が低いということ。

そしてもう一つ、各分析工程におけるフロア間や建物間の移動工数が、
直感よりずっとずっと少ないことが挙げられます。

「やって見てから考えろ!」

目標に向かいやってみたの、少し考えさせて下さい。
「現場を見ろ!」ってことなんでしょうね。
2012. 09. 20  
今週、管理部から技術部へ応援人員を出しています。

1人1日1時間、のべ1日4時間。
管理部全員が関わります。

会社組織ではよくあることかもしれませんが、
ユニケミーにおいては、珍しいことです。

組織的な「べき論」は別として、
応援作業以外にも、場の空気や出来事がリアルタイムで共有できるので、
勉強にもなると考えています。

もちろん、こういう協力体制が各担当者の責任分担の中で、
日常化していくことを目指しています。

しかし、この応援を理由に自分の責任業務の遅延を正当化することや
“やれない理由”できるということではありません。

また、応援を受ける方も「みんなが手伝ってくれるから、楽すればいいや」
という甘えを受け入れている訳でもありません。

これを議論すると、そういうことなら「やっぱり他への協力はできない」
「他への応援は、責任者・担当者への甘えを許すことになる」
ということで、今までと何も変わらない道を選択してしまいます。

以前の経営者オフサイトミーティングでも話題になりました。

こういうネタで、どんどん社内オフサイトをやりたいんです。
プロセスを大切にして、お互いの考え方を理解しながら、
方向性を束ねていく・・・

オフサイトを利用して、事業のど真ん中で企業風土改革を実行する。

私の基本となる考え方の一つです。
2012. 09. 19  
fc2blog_2012092019584518e.jpg

息子の名前を正式に決めて、出生届を提出してきました。

毎週水曜日、大府市役所は19時15分まで延長して窓口が開いているので、
定時で帰ればギリギリ時間に間に合います。
終了30分前に到着して手続き開始。

窓口では、出生届の記入方法をとても親切丁寧に教えて下さいました。

横柄な態度や融通が利かないことに、良くない意味で、
「お役所みたい」って比喩されたりします。
しかし、サービスや接遇の向上について、
逆に「お役所」から見習うこともあるんじゃないかなって思うぐらい
素晴らしかったです。
2012. 09. 18  
fc2blog_20120919075305ae7.jpg
写真は来月で3歳になる娘の携帯電話です。

もちろん通話やメールは出来ません。
妻が随分前に使っていた古い携帯電話です。

女の子は3歳ぐらいからませて大人びてくると言われますが、
娘はまさにその状態。

私か妻が携帯電話で通話していると、自分の携帯を取り出して、
「もしもし、はい、はい・・・」
と真似します。

寝る時も、この携帯電話を寝室に持って行きます。
これも私たちの真似。
枕元で目覚ましアラームを確認するところまでも。

まだ着替えを全て自分では出来ず、オムツも取れていない娘ですが、
おもちゃの着せ替え人形「ポポちゃん」へのお世話はバッチリ。
オムツ替えや着せ替えも出来ます。

こんな生意気な娘なのですが、とっても可愛いんです。
親バカですからね。

こんな私と娘との関係って、
実は経営に対しても父と私の関係にソックリなのかな?
そう考えたりもします。
ちょっと恥かしい。。。

でも案外できることも増えていたりして(笑)
2012. 09. 17  
DSC05895.jpg

最近は、息子誕生に関わる記事が多かったのですが、
久しぶりに違う話題です。

とは言え、今後も当分は家族の話が多くなると思います。
温かく見守って下さいね。(笑)

さて、私がほぼ毎回参加している「ハタモクin名古屋」が、
2011年9月14日のスタートから1周年を迎えました。

たった1年だけど、「1年続ける」って実はとても大変なことです。

企画メンバー、参加者の皆さま、おめでとうございます。
そして、さまざまな気づきとご縁を頂きありがとうございます。

私は明日のハタモクには参加できませんが、
1周年のハタモクin名古屋を大いに楽しんでくださいね。

1周年に合わせた訳では無かったのですが、
今日は、私の発案で「ハタモクin名古屋の未来について考える会」の
スピンオフ企画でした。
スピンオフ企画のスピンオフ企画です。

社会人の企画・コアメンバーを招集して、
ハタモクin名古屋の経営について考える編。

「どうやってハタモクを持続可能なコトにしていくか?」
「信念を広めミッションに近づけていくか?」
というテーマを持った大人の飲み会です。
2012. 09. 16  
IMG_0889.jpg

妻と息子が退院して、新しい生活がスタートしました。
また、昨日から妻のお母さんとの同居生活もスタート。

その生活で、一番嬉しいのは娘かもしれません。

午前中は私の母と娘の2人で、お買いもの。
何があったのかは私にも分かりませ~ん。

お昼寝が終わった午後からは、
妻のお母さん、私、そして娘の3人で、食材のお買いものでした。

おばあちゃんの無条件の愛は、お菓子や物になって娘に伝わります。
2012. 09. 15  
DSC05886.jpg

出産から4日経ち、妻と産まれたばかりの息子が退院しました。
そして今日からしばらくの間、妻のお母さんとの同居生活がスタートします。

ここまで、本当に順調でした。
産院の先生、助産婦さん、看護師さん、スタッフの皆さん、
いろいろとありがとうございました。
まだまだお世話になる機会が多いので、今後ともよろしくお願いします。

退院直後、私の祖母が暮らす老人施設に行きました。
その施設は、産院から歩いて5分で行けるぐらい近いので、
帰宅する前に、新しい曽孫の誕生を祖母に報告。
2012. 09. 14  
fc2blog_20120915083714cee.jpg

明日、妻と産まれたばかりの息子が退院します。

そういう訳で、私と娘の実家暮しも最後の夜に。
いろいろと心配したけれど、娘はぐずることもなく頑張ってくれました。
むしろ、楽しんでいるようにも見えたけど。。。

昼間に、おばあちゃんに連れられて産院へ行っても、娘は、
「おばあちゃんのところへ帰る」って言っていたみたいです。
逆にお母さんが寂しがってましたよ。(笑)

明日からは、妻のお母さんも加わって、
新しい生活が始まります。

どうなっていくのか全く想像がつきませ〜ん。
2012. 09. 13  
DSC05884.jpg

妻が出産し入院している産院いしがせの森で、お祝い膳をいただきました。

娘の時もそうでしたが、病院でフレンチのフルコースを食べるなんて、
私にとってはカルチャーショック。

この産院は、お祝い膳だけでなく通常の食事もビックリするぐらい豪華で、
3時のおやつもあります。

最近は、こういう産科が主流のようで、
非常識が常識になった女性目線の「変化」と言えますね。
2012. 09. 12  
fc2blog_201209122155194b0.jpg

妻と昨日産まれた息子の入院中、私と娘は私の実家で生活します。
久しぶりの実家暮しですが、もうバタバタです。

仕事を定時過ぎに切り上げ、まずは自宅へ戻りました。
残っていた食材を整理した後、妻から頼まれた荷物を持って産院へ。
妻や息子と30分だけ対面しました。
そして再び自宅へ戻り、食材整理で出た食器の洗い物を済ませ、
食材と明日出す可燃ゴミを持って、娘が待つ私の実家へ。

娘のお風呂は私の母が入れてくれたので、私が夕飯をかきこみ、
先程、娘を寝かしつけました。

娘は、私の母であるおばあちゃんとの生活を
それなりに満喫している様子で一安心。
我慢して頑張ってくれています。

今は妻に甘えられないことが分かっているようで、
その代わりおばあちゃんにベッタリ甘えてるみたいです。

まあ、おばあちゃんもそれが何より嬉しそうなんですけどね。

久しぶりとなる私の実家暮しも、あっという間に終わってしまいそうです。
満喫したいんだけどな〜。
2012. 09. 11  
fc2blog_201209112103203cc.jpg

2012年9月11日14時13分、3126g・55cm、
ついに妻が元気な男の子を出産しました。

昨日の妊婦検診では、子宮口が1cmしか開いていなかったので、
まだまだ遅れると思っていました。

しかし、朝、起きると、妻が、
「陣痛きてるかも・・・」

少し様子を見ながら10時過ぎに産院に到着。
13時ごろ病室からLDRへ移動して、
約1時間後の14時13分に無事出産しました。

初産となる娘の時は病院に入ってから17時間後の出産でしたが、
今回は4時間のスピード出産。
さすが経産婦です。

安産でよかった。

妻は出産直後、
「えっ?もう産まれたの?
娘の時と違って、とっても楽だった〜」
と、本人もビックリするぐらいあっという間だったようです。
2012. 09. 10  
妻の出産予定日です。

しかし、まだ産まれるタイミングではなかったみたい。。。

今日の妊婦検診では、胎盤機能を考えて、
これから1週間がリミットと言われたそうです。

今週末に開催される千年経営研究会の九州視察旅行は、
キャンセルしました。
いつ産まれても、出産直前か入院中か退院日のいずれかとなるので、
さすがに厳しい日程です。
N会長の9月2日に産まれるというおまじないは、
残念ながら効きませんでした。


名古屋会が幹事なのに、参加出来なくて申し訳ありません。
今回ばかりは、家族を優先させて下さい。

さあ、いつ産まれてくるか?
もうすぐそこです。
2012. 09. 09  
fc2blog_20120910083633e6e.jpg

昨日は、家族3人で私の実家に泊まりました。

今日の昼食までは、元気に実家の生活を楽しんでいた娘ですが、
昼下がりのお昼寝を促すようになってから、
「おうちに帰る(涙)」と急に泣き出しました。

普段は、保育園か自宅、車の中がお昼寝場所。
家に帰られなくなる、両親がいなくなると不安に思ったのでしょうか。

どうしてもグズグズと寝ないので、
仕方なく自宅に戻りました。

出産で妻が入院中に、娘がどうなるか不安ですが、
親も娘も超えなくてはならない壁ですね。

子供なりには、きっと理解してくれるんだと思います。
2012. 09. 08  
fc2blog_20120909100854dc4.jpg

妻の出産予定日まであと数日。

娘の時は予定日より10日遅れだったので、
今回もそのぐらい遅れると覚悟し始めています。

出産後、妻は実家に戻って静養するのではなく、
妻のお母さんが私たちの家に来てくれて、
身の回りを世話してくれることになっています。

私にとっては、逆マスオさん状態(汗)

昨日は、その準備として妻の両親が自宅に来てくれました。


また、出産後の妻の入院期間中、私と娘は私の実家で生活します。

娘を実家で寝泊まりする生活に慣れさせるため、
今日は家族3人で実家に宿泊。

これから、イレギュラーで大きな変化となる家庭生活のリハーサルです。
2012. 09. 07  
P1010515.jpg

妻の出産に合わせて、娘が8月いっぱいで保育園を退園しました。
来年4月からは、幼稚園に通い始めます。

娘が大好きだった保育士のしんご先生ともお別れ。
保育園最後の日、しんご先生の涙に妻も思わずもらい泣きしたそうです。
娘も、お友達や先生と今日がお別れであることを、
何となく理解していました。

その話を妻から聞いて、私からこんな提案。
「折角だから、しんご先生と記念写真を撮ってきたら?」

そして今日、帽子を返却するため保育園へ行った際に記念撮影が実現。
大好きなしんご先生の膝の上で、お世話になった先生方とともに、
思い出が写真に残りました。

パパは、この写真にちょっと嫉妬していますが。。。

保育園の皆さま、娘がお世話になりありがとうございました。
またどこかでお会いできる機会を楽しみにしております。
2012. 09. 06  
DCF_0004.jpg

今日もいつものように実行宣言の清掃活動。
自分の中で、随分日常化してきました。

ユニケミーのすぐ近くにある名古屋市バス「熱田伝馬町」の
バス停付近の歩道上に、雑草が生い茂っている場所があります。

私は今まで、この雑草は歩道の花壇に生えていると勘違いしていました。

除草すると、実は、歩道のブロックとブロックの細~い細~い隙間から、
あそこまで成長していたんです。

ホント、雑草の生命力って凄い!!
2012. 09. 05  
fc2blog_20120905181650217.jpg

研産協の検査・分析専門委員会でした。

妻が出産間近で、いつ呼び出されるか分からないため、
今回は有志の飲み会をキャンセルして、早々に名古屋へ戻りました。

委員会が終了して、御茶ノ水から東京駅へ向かうため、
電車に飛び乗りました。
あれ? 行きの電車と停車駅が違う。

中央・総武線各駅停車という電車に乗ったので、
快速に比べて停車する駅が多いだけ。。。

と思っていましたが、
どうやら各駅停車では東京駅に行かないみたいです。
中央線なのに東京駅に行かないなんて・・・

早く帰りたいのに、自業自得のタイムロス。

誤ちに気付き、乗り換えのため錦糸町で途中下車。
すると、東京スカイツリーがこんなにも近い。

田舎者丸出しで、駅のホームから記念の写真撮影。

首都圏の電車はややこしや〜。
2012. 09. 04  
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

物事には程度というものがあり、その程度を過ぎると、
それがどんなに良いことでも、かえって不足するのと同じぐらいよくない。
過度になってしまうようであれば、むしろ控えめにしている方がよい。

最近、私がよく耳にする言葉。

これは、自分自身への警告だと捉えています。

「現状のまま何もしない」
今日だけを考えたら、こちらの方が楽。
しかし、明日からはもっと苦労します。
それは、見えない形で静かに忍び寄ってくる。

互いの成長のために、今日言うべきことを今日言う。
今日やるべきことは今日やる。
明日は一歩前進しています。

ただ、「過ぎたるは・・・」
この塩梅に試行錯誤中です。

押してもダメ、引いてもダメ。

迫り来る巨大な危機感との葛藤ですが、
考え過ぎると「愚痴が溢れ出る」「何もしたくない」
もうこれ以上傷を負いたくない。

マイナス思考で卑屈になります。

それでも「ユニケミーのファンづくり」は、貫き通します。
常に本質を見極めながら、
私が人生をかけて背負うと決めた道なので。
2012. 09. 03  
妻の出産予定日まであと1週間です。
いつ産まれてもいい状態。

今回も立会い出産なので、いつも携帯電話を気にしています。

娘の時は、10月1日の出産予定日から10日間も遅れました。
陣痛が始まり、病院のLDRに入ってから出産まで17時間の長丁場。

待ちに待った結果、娘の誕生日は私たちの結婚記念日である10月10日。
思いがけないサプライズでした。

無事に産まれてくれることを祈るのみですが、
何とも言えない緊張感とモヤモヤ感がどうにも慣れません。

早く会いたいな~。
2012. 09. 02  
fc2blog_20120902112015cb82.jpg

妻の車の車検でした。

3年前、娘の出産と新車購入補助金を機会として購入した車ですが、
ほぼ毎日車を利用していても、3年間で7,000kmしか乗っていない。。。

もったいない気もします。

朝、車を預けて自宅まで徒歩で約20分。
自宅までのこの道のりは、私にとって思い出が詰まっています。
2012. 09. 01  
fc2blog_20120901171807f27.jpg

妻の祖母の一周忌法要でした。

親族やご近所の方々など多くの人が集まり、
お寺さんで焼香、お墓参り、仏壇のある自宅で読経、会食と、
慌ただしく移動して忙しい一日となりました。
そして最後に、親族でお祖母様の遺品整理。

四十九日の法要は、台湾への社員旅行で納骨には立ち会えませんでした。
そのため、お祖母様がお墓に入って初めてのお墓参りとなりました。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム