2016. 03. 10  
fc2blog_2016031212004188e.jpg

半年ぶりの種子島。

もう何度も種子島を訪れているのに天気はいつも曇りか雨。
快晴でスカイブルー、満点の星空にはまだ出会えていません。

「もっと足を運べ」というメッセージだと思っていますよ。

冬の種子島は、完全にオフシーズン。
いつも以上に閑散としていました。
2016. 02. 09  
P2074616.jpg

宇宙の種水カーが誕生しました。

この車は私や当社の社員が種子島へ出張した時のみ
見ることができる貴重な車です。

ちなみにレンタカーなので車種は変わります。

これを見た人はきっと幸せになれるでしょう(笑)

種子島で見かけたら、
ぜひ声を掛けて下さいね。
2015. 12. 04  
fc2blog_2015121119124317e.jpg

今年10月、種子島・南種子町にある
南種子町観光物産館トンミー市場に
宇宙の種水の写真パネルを設置しました。

宇宙飛行士の顔の部分が切り抜かれているので、
顔を出して写真が撮れるようになっています。

種子島に行かれた際には、
宇宙飛行士になった気分で写真を撮ってくださいね。

いつか本物の宇宙飛行士の写真が出てくるかも?
2015. 10. 02  
fc2blog_201510071950374ab.jpg

種子島の南種子町が発行する「広報みなみたね10月号」に、
宇宙の種水を寄贈し子供たちに配布した記事を掲載して頂きました。

種子島でこれだけ大きく取り上げて頂き
感謝、感謝です。

私たちのモチベーションにも繋がり、
種子島の発展のために頑張ろうと
あらためて誓うのでした。

私たちは宇宙の種水が種子島の発展と自立の
きっかけになればと思っています。

種子島からは遠く名古屋からですが、
これからも種子島をしっかり支援していきます。
2015. 09. 04  
fc2blog_20150907104046541.jpg

私が種子島へ出張すると
ほぼ必ず買うお土産が「安納芋甘納豆」。

これおいしいんです。
子供たちも大好きです。

しかし、妻はあまりお気に召さない様子。
安納芋は大好きなんですけどね。

いつも東京へ出張すると、
「あれ美味しかったからまた買ってきてー!」と
お土産への要求は厳しい妻。

理由を聞くと、私が大好きなこの安納芋は甘過ぎるんだそうです。
だから子供たちにもあまり食べさせたくない。

砂糖漬けの甘納豆なんだから・・・と思っている私。

ここで見方を変えてみるといいヒントを発見。

東京のお土産のように、少々高くても
妻や子供が「種子島へ行ったらまた買ってきて~。」と言われるような
名物お菓子があればいい。
定番化すれば私も考えて選ぶ時間が短くなって随分楽ちんです。

あくまでも外部の視点で、島外の人にファンやリピーターになってもらえる
種子島らしいお土産お菓子があったらいいな。

頭の片隅に置いておこう。
2015. 08. 27  
fc2blog_20150831200536add.jpg

宇宙の種水について、読売新聞と中部経済新新聞に続き、
日本経済新聞と南日本新聞にも掲載して頂きました。

また、種子島・西之表市の西之表港にある
松下みやげ売店さんも宇宙の種水の取扱を開始しています。

海から種子島にお越しの際は、
是非チェックして下さいね。
2015. 08. 17  
fc2blog_20150819190030060.jpg

今日は種子島に入り、
島内の主な宇宙の種水の販売店さんを訪問しました。

どの売り場もしっかりと宇宙の種水を
大々的に盛り上げてくれていました。

この商品が種子島の特産品の仲間入りして
種子島の皆さまに愛される商品となるように
これからもバックアップしていきます!

それでは、本日訪問した宇宙の種水の販売店さんを紹介します。
2015. 07. 24  
fc2blog_20150728215244ffc.jpg

最近、宇宙の種水プロジェクトでよく出張する種子島。
必ず鹿児島空港を経由して往復します。

予約が取れなかったり乗り継ぎが悪いと
待ち時間が数時間となることもあります。

そのためしばしば昼食や夕食が鹿児島空港となることも多いです。

さまざまな飲食店がありますが、
空港だけあって高い。

しかし鹿児島空港にはこの常識を覆すお店があります。

山形屋というレストランの皿うどん。
700円という価格ながらボリューム満点。
素朴な味でおいしいです。

結果的にこの皿うどんによくお世話になっています。

ちなみにこの山形屋さんでチラリと周りを見渡すと、
ほとんどの人がこの皿うどんを食べています。

鹿児島空港の名物と言ってもいいと思います。
2015. 07. 21  
fc2blog_2015072213392662f.jpg

昨日、豪雨の中到着した種子島。
今日もずっーと雨でした。

さらに、朝から夜までスケジュールの変更を余儀無くされる1日でしたが、
南種子町の町長様をはじめ宇宙の種水を支援して下さる種子島の方々と
無事にお会いする事が出来ました。

豪雨や飛行機の遅延、振り替えなどヒヤヒヤさせられる事ばかりでしたが、
内容は充実していました。

さらに名古屋から嬉しい知らせも飛び込んできて、
濃〜い1日でした。

いよいよ来月、種子島発の宇宙の種水がデビューします。
2015. 07. 20  
fc2blog_201507210107340bf.jpg

父とともにまたまた種子島へ出張です。

九州地方は梅雨時期に長く豪雨となり大きな被害を受けました。
しかし、ようやく九州地方が梅雨明けとなり、
快晴の美しい種子島を期待

しかし、鹿児島空港に到着すると、
1日4便ある種子島便のうち3便が種子島の天候不良により欠航。
私たちが搭乗予定の最終便もどうなるか分からない状態でした。

高速船は通常運航と聞いてエアチケットをキャンセルしようとしたら
空の便の欠航の影響で高速船は本日分が満席。

飛行機が飛ぶ事を祈るしかない。。。

すると何とか天候が回復し、
着陸出来ず引き返す場合がある条件で離陸。

これだけでもかなり運が良かったのですが、
さらに奇跡的に着陸時には小雨になっていて無事に種子島空港に着陸しました。

ただ振り返ってみると、
着陸の数秒前からしか地上が見えないほど視界が悪く、
滑走路に降りてからも若干スリップを感じました。

鹿児島に戻るか種子島に降りるか
結構ギリギリの選択だったんじゃないかなと推測します。

とにかく運良く種子島に到着して何よりですが、
その後はずーっと暴風雨です。

明日は晴れを期待したいのですが天気予報は雨

快晴の種子島はまたおあずけかな。
2015. 06. 20  
fc2blog_201506290001333e4.jpg

種子島は何度も訪れていますが初めてマングローブを見に行きました。

種子島宇宙センターだけでなくサーフィンでも有名な種子島。
真夏のトップシーズンを前に、梅雨時期は閑散期なんだそうです。

確かにいつも以上に島内は寂しい気がしますが、
この原因はオフシーズンだけではないようです。

口永良部島の噴火で全島民が屋久島に避難しています。

種子島は屋久島とセットでツアーが組まれていることが多く、
被災者がいる屋久島には観光に行けないと観光客が自粛した結果、
その影響が種子島にも及んでいるそうです。

屋久島への観光自粛は、被災地周辺に経済的な打撃を与えています。

被災者や被災地に配慮したつもりの観光自粛は、
観光客の自己満足にしかなっておらず、
被災地周辺は望んでいないようです。

梅雨明けには、例年以上に多くの人が訪れる
種子島であって欲しいと思います。

2015. 06. 19  
fc2blog_2015062900001961e.jpg

約3ヶ月ぶりの種子島訪問。

宇宙の種水を販売してくれるパートナーが決まりました。
種子島スペースサイダーを販売する「まるごと種子島」さんです。

夜には、まるごと種子島の小川さんのお店「八作」さんで食事した後、
まるごと種子島 代表の栗原さんのお店「GARDEN」で二次会。

今回デザインを担当してくれたマイマイ企画の小早さんを加えて、
4人でパートナーシップの記念撮影です。

素晴らしい出会いとご縁に感謝。
そして今後の展開が楽しみです。

種子島に多くの人を呼び込み、
種子島発のさまざまな企画や商品を打ち出していきたいと思います。

まずは、宇宙の種水の発売に向けてラストスパートです。

2015. 03. 23  
fc2blog_20150327164512cef.jpg

種子島で頂いたさとうきびを会社でも食べてみました。

会長が自宅で「さばいた」さとうきびを会社へ持込み、
3時のおやつタイムで試食です。

珍し過ぎて恐る恐る近づき、
徐々に話題が広がっていきました。

子供たちに食べさせたいと持ち帰る社員もいました。

社員や孫に食べさせたいと会長がさとうきびを頂き、
その社員が子供たちに食べさせたいと持ち帰る。

みんな考える事は似ていますね。

これも種子島の強みの一つかもしれません。
2015. 03. 22  
fc2blog_20150327164535b19.jpg

宇宙の種水協定の調印式で種子島へ出張した時、
「昔は甘いものが無かったから、よくさとうきびをかじったな~。
 孫に食べさせてあげたい。」と父がしみじみと話していました。

すると、それを耳にした種子島の方が、
畑からさとうきびを届けて下さったんです。

本当に素晴らしいおもてなし。
ありがとうございます。

今日は私の実家でこのさとうきびを家族みんなで試食しました。
2015. 03. 19  
DSC08423.jpg

南種子町様との協定締結し、
いよいよ“宇宙の種水”プロジェクトが本格的にスタートします。

理化学分析事業を通じて種子島と縁があり、
そのご縁から新たな社会貢献事業が始まります。

目的は「種子島の町おこし」

これもユニケミーが得意とする「研究開発支援」の
新しいカタチだと考えています。
2015. 03. 18  
DSC_0008.jpg

昨日から種子島に入り、いよいよ南種子町様との
“宇宙の種水”プロジェクト協定調印式を迎えました。

協定に関する詳しい内容は、ユニケミーの業務実績をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/unichemy/archives/4346412.html
http://blog.livedoor.jp/unichemy/archives/4335661.html

この協定締結に至るプロセスを通じて、
たくさんの素晴らしい出会いがありました。

ご縁に感謝です。

また、多くの皆さまに協定の準備にご尽力頂いたことは、
感謝に堪えません。
2015. 03. 17  
fc2blog_20150318075021b4c.jpg

南種子町との“宇宙の種水”プロジェクト協定の調印式に向け、
種子島に入りました。

種子島特産の安納芋やインギー地鶏などの美味しい料理とともに、
多くの皆さまから心づくしのお出迎え頂きました。

素晴らしいおもてなしに感動、そして感謝です。

協定締結を前に、種子島の皆さまのために、
そして種子島の皆様とともに共創出来る事にワクワクしています。

明日の協定締結でいよいよスタートラインに立ちます。

歓迎して頂いた皆さま、楽しい時間をありがとうございました。
いよいよ宇宙の種水という長旅の出発ですね。
2015. 03. 10  
karmori1.jpg

昨年末から鹿児島の種子島を訪問し準備を進めてきました。

そして3月18日(水)に、
種子島宇宙センターがある南種子町と当社が協定を締結し、
地域振興の一環で「“宇宙の種水”プロジェクト」を
立ち上げることになりました。

詳しくはユニケミーのホームページをご覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/unichemy/archives/4335661.html

こうしてスムーズに協定が締結できる運びになったのは、
当社の43年間の実績や技術力、
いい縁と運とタイミングが重なった結果だと
改めて感じる約4ヵ月の準備期間でした。

しかし、ようやくスタートラインに立ったところ。

これから南種子町と種子島の皆様とともに、
もっともっと種子島の魅力を発信していきます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム