2016. 01. 08  
fc2blog_20160110110109b46.jpg

千年経営研究会の月例会の懇親会で食べたチーズ納豆。

豊田市やみよし市では、学校給食にも登場し
子供たちに大人気だったそうです。

居酒屋メニューにも登場していたので、
早速注文し試食しました。

チーズとなっとうお味が別々に襲ってくる味で・・・。

豊田市民とみよし市民にはソウルフードのようで
おいしいんだそうです。
2015. 12. 02  
千年経営研究会の月例会でした。

毎年12月は名古屋会が月例会の担当。
つまり忘年会係です。

今回は千年経営の今年の締め括りとあって、
岡崎会や豊橋会のメンバーも参加してくれました。

事業承継のという面から今年1年を振り返ってみると、
父と会社経営についてゆっくり話を聞いた1年間でした。

これも宇宙の種水プロジェクトで
父との種子島出張が良いきっかけを与えてくれました。

こういう面でも種子島に感謝です。

しかしまだ聞き足りない話がたくさんあるので、
父だけでなく創業者から話を聞くことはずーっと継続していきます。
2015. 10. 23  
みよし会で千年経営研究会の月例会でした。

北海道研修旅行の報告や
「嫌な事があったらありがとう。
良い事があったら感謝します。」の
五日市剛さんの話から議論を深めました。

新しい事業や商品、サービスについても
お互いに話し合い議論を深めるのですが、
今回はその中でも「お客様の笑顔が思い浮かぶか?」
がテーマとなりました。

いつの間にか妄想が膨らみ
独りよがりになってしまうので、
こういう場でメンバーからアドバイスをもらって、
考え直し修正して実践します。

忌憚ない意見をくれる仲間に感謝です。
2015. 09. 18  
「素直な人は伸びる」と言われます。

しかし、私は「素直じゃないね~」と
小さな頃から今も言われ続けています。

こんな私ですが、今更ながら
「素直さのコツ」みたいものが分かりました。

千年経営研究会の月例会での出来事でした。

感謝。
2015. 07. 02  
岡崎会の主催で行われた千年経営研究会の月例会に参加しました。

今回の近況報告の中で、
後継者にとって父である社長との関係や
兄弟経営の難しさを感じました。

副社長と社員より
社長と副社長の距離の方がはるかに遠い。

そんな近況報告でした。

亀井先生からのアドバイスは
「血縁関係にある兄弟と話し合い、共有し、共感できなければ、
 社員と分かり合うことはもっと難しい。」

私は兄弟経営の素晴らしさも難しさも実感することはできませんが、
ユニケミーの共同創業者3人が兄弟経営に近い関係であったとすると、
確かに素晴らしいことです。

何事も後継者の「感謝」からはじまるのかな。
2015. 06. 02  
ISOWAさんへ訪問した時にも話題に上がった「厳しさ」
自分の役割を見直してあらたな実行軸を持ちました。

すると、千年経営研究会の名古屋会や今日の月例会、
ISOWAさんへの訪問、そしてお客様と社員。

言い方や伝え方という話は別としても、
自分にとって都合の良い言葉でなく、
忌憚なくストレートに“厳しい”アドバイスを頂いています。

厳しく裸でぶつかって下さる方々が多い私は幸せ者。

厳しいアドバイスと真摯に向き合い
自信を持って前に進もう!
2015. 04. 03  
昨日は、失敗談を語るおじさまたちと別れ、
豊橋に移動して千年経営研究会の月例会でした。

今回のテーマは「相続」

一般的には、税金などのお金や株式の問題がクローズアップされます。
「何を相続するのか?」という問いに、
私は、会社の目的や考え方などの理念や長年の信頼・信用を受け継ぎ
守る事だと思っていました。

しかし亀井先生から、
「社長じゃなくてもすでに相続している。
 両親から最も大切な命を頂いているではないか。
 これ以上何をもらう必要があるのか?」

自分がいかに依存的であったかのか?

答えはシンプルでした。
2015. 03. 02  
名古屋会が担当した千年経営研究会の月例会でした。

最近、世間を騒がせている大手上場企業O社さんの
「会長vs社長」の争族問題。

千年経営研究会で学んでいると、
さまざまな点が“王道”に反していると分かります。

後継者の立場から見たら、
譲られる側の「感謝」はどこへ行ってしまったのか?
何もない後継者が譲って頂けるのだから。。。

またO社さんの理念は何なのか?
O社さんらしさは何なのか?

私も日々考え続けているテーマです。
2015. 01. 09  
fc2blog_2015011410314189c.jpg

今年最初の千年経営研究会の月例会でした。

今回はスペシャルゲストとして、
日本実業出版社の酒井さんにお越し頂き900社以上の取材の中から、
事業承継の成功例をご紹介頂きました。

その共通項は、親や祖先、そして従業員への感謝。
そして自分に課せられた使命を理解・自覚していること。

懇親会では、亀井さんからこの共通項と自分自身を俯瞰することの
大切さのお話を伺いました。

その結果、「期待に応える!!」

これが今年のキーワードになりそうです。
2014. 11. 04  
千年経営研究会の月例会@豊橋会でした。

豊橋での月例会に参加する時は、
いつも新しいメンバーや体験参加の方とお会いすることができます。

それだけ活発に活動されているからなのでしょう。

さて、今回月例会に参加して、亀井さんにお話しを伺い、
最近の自分に起こっている様々な事がどういうことなのか
客観的に考えることができました。

その結果、私は次のステップに進まなければならない。
そして、次の行動が明確になりました。

「条件はない」
胸に刻み込んんで、行動していきます。
2014. 09. 02  
千年経営研究会の月例会 at 岡崎商工会議所でした。

近況報告から得た今日の学びです。

・新規事業は人件費を含めたキャッシュアウトで評価する。
 (不良在庫などは決算書には現れないので)
 また、例えば3年以内に単年度黒字、5年間で累積黒字というように、
 先に目標を決めること。

・新しいことを始める時は、正論と反論(異見)が出る事が当然。
 それはお互いにどちらも正論。
 その中から極論(変革をもたらすような新しい方法)が出る。

・目の前の仕事を天職と信じて働いた時に、
 初めて自分の天職が分かる。

・その仕事が世の誰かの役に立つための収益(目標)であればやる。
 ただ儲けたいだけのためなら、考え直した方がいい。

今回も学びの多い近況報告でした。

次回の千年経営研究会は中間総会 in 東京。
昨年、一昨年と参加できなかったので、今年こそは・・・。

それまで日々の業務に邁進します。
2014. 08. 04  
fc2blog_20140806084944425.jpg

今日の千年経営研究会月例会@豊橋会でひとコマ。

社長候補でありながら、まだ社長ではないメンバーの一言から始まりました。
「うちの会社の社長は、毎日昼から出勤。
 社員との話は、仕事とはほとんど関係の無いことばかり。
 そんな社長だから会社が良くならないんだ。
 何だかな~。」

私もついついそう思ってしまいがちです。

しかし、2年目を迎えたばかりのK社長とH社長は、
「その社長は素晴らしい。
 なぜなら、私たちには午後から出勤するような余裕が
 心身ともに全く無い。
 日々、そういう状態(=社員だけで会社が回る)を目指すべきと
 思うがなかなかそうはいかない。」

立場が違えば、全く感じ取る事が違います。

名南経営の亀井さんの講和では、
「社長業は経営者になるための修行期間。
 社長を卒業した優秀な経営者は、
 会長になって現社長に助言しながら並走し、
 現社長や次代を育てる。
 並走期間はより長い方がいい。」

こんなエピソードに、お二人の2年目社長は「大納得」されていました。

「社長の気持ちは社長にしか分からない。
 どんなに分かろうと思ってもその立場にならなければムリ。
 早くなるしかない。」

こんな亀井さんのお話しに、今日も勉強になりました。

さて、冒頭の写真は豊橋駅で見つけたボンとらやさんの「ピレーネ」

昨日、H社長がお誕生日だったので、地産地消ということで
とらやさんのホールケーキとピレーネでお祝いしました。

豊橋会は男子ばかりの会合だけれど、
二次会だけでなく(?&笑)、たまには本会でも女子っぽさも注入しないとね。

Hさん、お誕生日おめでとうございます。
さらなる飛躍と進化を祈念しております。
2014. 07. 01  
千年経営研究会の月例会 at みよし会でした。

最近は、結果的にさまざまな場面で出不精となっていて、
月例会は昨年12月以来の参加でした。

名南経営の亀井さんやメンバーのお話を伺い
あらてためてこういう場が必要と感じます。

第1部の亀井さんのご講演では、近況報告から
「教育」についてのお話でさまざまな気づきがありました。

また、今日はみよし会の新会長となった創業者のNさんを中心に、
終始笑いに包まれました。

歯に衣着せぬ本音レベルの高いNさんによって、
創業者の考え方と行動様式を楽しく学ぶことができました(笑)

Nさん以外の参加者は全て後継者。
後継者の考え方は全く理解できていないようでしたが、
お互いに理解し合うところから。

そもそも「常識」なんて人それぞれですからね。

いつもなら地雷を踏み亀井さんの雷が落ちるはずが、
とっても明るいNさんによって、全て笑いに変換されていました(フ~)

Nさん、次は豊橋の月例会でお会いしましょう
2013. 12. 10  
DSC07893.jpg

今年最後の千年経営研究会の月例会=忘年会でした。

突然ですが、ここで、今年の千年経営研究会3大ニュース!!!(私の中で)

 1.初めての八百津だんじり祭り

 2.ブラックサンダー

 3.来年の名古屋会に何かが起こる

今年も皆さまから、さまざまな学びを頂きました。
ありがとうございました。

さて、冒頭の写真は、iPhoneの「Sleep Cycle」というアプリ。

朝が苦手だったというみよし会のKさんは、
このアプリによって朝型の生活に生まれ変わったそうです。

同じく朝がひじょ~に苦手な私も素直に真似びます。
来年からとは言わず、今日から早速試してみます。

また後日、結果を報告しま~す。
2013. 07. 04  
先週の名古屋会でN社長から新社長就任披露会のDVDを頂きました。

この披露会がとっても素敵。

ご来賓の祝辞、先代社長、新社長、社員さん、
そして亀井さんのご挨拶が凄くいいんです。

DVDでも心に響きます。

今日の千年経営研究会月例会 at 名古屋会でも、
その話題が挙がりました。

昨年、今年、来年、・・・と、
どんどん新社長が誕生していますからね。

月例会は亀井さんも出席されるので、
和やかながらもピリッと締まります。

そして、事業承継や経営の談義を中心に花が咲きます。

そんな楽しく学びの多い月例会ですが、
爆弾1号のみよし会Kさんと爆弾2号の私が揃うと大変なことが起こります。

「爆弾」の意味は、ご察し下さい。

今回は、手榴弾クラスの小爆発が5,6発。
しばしば、大爆発することもあります。

正直、とってもへこむんですが、これが私にとってよい薬になる訳で。。。

まだまだだなぁ~って。

自分の言動、立ち振る舞いを見直すキッカケになります。
自分自身で気づいていないですからね。

来月も懲りずに、即断・即決・即行を背負って、
いざ月例会や名古屋会に出席します。
2013. 05. 08  
千年経営研究会の月例会 in 岡崎でした。

今回は、会議室を借りての近況報告。
お酒の場とは違いメンバーの悩みや現状を参加者全員が共有できるので、
こういうスタイルの近況報告は非常に有効だと考えています。

さて、その報告の中からの学びは「両親への感謝」

私たちは両親を最も大切にしなければならない。
それは、両親が偉いからでもなく強いからでもない。
世の中にただ1人の私の親あり、わが命の根元だからである。

倫理法人会の言葉なんだそうですが、
なるほど、「納得」の一言です。

私も子供を育てる親として、
一人の子どもを育てることの大変さや難しさを日々感じています。

そんな苦労を乗り越えて「私」を育ててくれたのが「両親」

会社経営においても、時には意見の食い違いもあるけれど、
常に「両親への感謝の心」を忘れてはいけないということ。

なかなか素直になれないのですが、
私も常に頭の中に入れておきます。

気づきが多く、いい近況報告会となりました。
2013. 02. 08  
今日、予定外の出来事が起こりました。

私は“A”という行動を起こしたい。
けれども相手の立場に立って考えた時、
それが逆に迷惑となり、ただの自己満足になってしまうのでは・・・

悩みましたが、今日はあえて何も行動しないという“B”を選びました。

夜は、千年経営研究会の月例会。
この件であまり気持ちが乗らずキャンセルしようかと。
しかし自分の決断に自信が持てず、モヤモヤした気持ちを、
誰かに聞いて欲しいという思いで、1時間以上遅れてメンバーと合流。

結局、月例会の中でお話することはできませんでしたが、
亀井さんをお送りする車中で胸の内を聞いて頂きました。

すると、“A”も正しい、“B”も正しい。
だから“A”も“B”も考慮して、“AB”にする。

つまり、例え話を交えながら“C”という方法をアドバイスして頂きました。

なるほど!
モヤモヤがすっきりして腹落ちしました。

その他にも、色々なお話を聞いて頂いて、
素敵な車中となりました。

一日遅れてしまったけれども、明日早速“C”を実行します。
2012. 10. 15  
IMG_0988.jpg

久しぶりに千年経営研究会の記事を書きます。

しかも、10月6日に開催された三好会主催の月例会、
いつの間にか1週間以上も経っていました。

長野から帰ってきた日の夜9時頃から途中参加でした。
遅くなるので欠席しようか悩みましたが、
九州のキャンセル代の支払いもあるし、久しぶりだったので頑張りました。

これが、ちょっと無理したけれども、参加して本当によかった。

いいお話がたくさん聞けました。

中でも、前回の三好会主催の月例会で盛り上がったKさんが素敵でした。
「安売りではなく付加価値を上げて、競合他社の土俵より上で勝負する。
 10件回って1件買って頂ければいい。
 どうしたら売れるのではなく、どうしたら買って頂けるかを考え続ける。」

前回、熱く語ったあの志がさらに進化して、成長していました。
「物語」・・・自分の信念からコト創りが出来上がりつつあるようでした。

悩まれていた背景も存じ上げている上に、
実行できているからこそビンビンと私の胸に響いてきます。

私も負けてられない。
Kさんとは、いいライバルですからね。

今日も怒られてしまったお花大好きなKさん。
私も同じです。
「まず人のお話を“聞く”“受け止める”」
ということを実践していきましょうね。

最後にあまり目立たなかったけれども、亀井さんの金言を一つ。
「変えないために、何を変えるかを考える」
ストライク
2012. 06. 02  
DSC05163.jpg

千年経営研究会の月例会 in 豊橋でした。

今日の豊橋会への参加で、私は全場所制覇です。
私が所属する名古屋会、そして岡崎会、三好会、豊橋会。

それぞれのカラーがあって面白い。
これは、全てに参加した人にだけ分かるご褒美かも。

豊橋会は、私と同世代の若いメンバーが中心なので、
ヤンチャな感じかな~と予想していましたが、
意外にも、結構 ま・じ・め。

月例会の冒頭は、豊橋会会長であるSさんの近況報告からスタート。
しかし、話が重過ぎて食事やビールがのどを通らない。
酔えましぇ~ん。

体験参加の方もいて、初々しい姿に、
私が千年経営研究会と出会った時を思い出します。
2012. 02. 07  
DSC03937.jpg

千年経営研究会の月例会でした。
今年から月例会が各会持ち回りとなり、今回の担当は岡崎会。
今日の月例会は「近況報告」がメインでした。

私は名古屋会以外の支部会に初めて参加します。

実際に足を運ぶことで、今までゆっくりお話しできなかった方や
各支部の活動状況や雰囲気が分かるので、何かワクワク・ドキドキします。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ji-hama

Author:ji-hama
理化学技術者集団ユニケミーで働くジーハマです。20年以上続けているバドミントンを通じて、チームワークの素晴らしさを学び、人と人との繋がり大切にしています。「人」を中心に経営し、自ら考えてチームワークで実行できる組織づくりに日々奮闘しています。

全記事の表示
全タイトルを表示
検索フォーム